アメリカ・カリブ海エリア最後の首都(オタワ:カナダ)

カナダ

カナダ

カナダ基礎データ(2019外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積:998.5万平方キロメートル(ロシアに次ぐ世界第2位,日本の約27倍)
2.人口:約3,789万人(2020年1月カナダ統計局推計)
3.首都:オタワ(人口約99万人)、最大の都市はトロントで約273万人
4.民族:アフリカ系(90.6%),欧州系白人(4.7%),混血(2.1%),その他
5.言語:英語,フランス語が公用語
6.宗教:国民の3分の2以上(67.3%)がキリスト教徒(国民の約39%がローマ・カトリック),約2割(23.9%)が無宗教(2011年カナダ統計局)
7.通貨:カナダドル ※1CAD(カナダドル)≒85円で計算。(換金レート考慮し、さらに分かり易くするためやや割り増し。キャッシュカードでの引き出しは手数料込みで換算して約83円だった)

 ※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、しばらく経ってから記事を書いているので実際のアップ日は2020.06.06です

オタワ市街


2019.06.02(日)

 14:30時
 モントリオールから出て約2時間半
 牧歌的な風景を抜けカナダの首都オタワに到着。

オタワ鉄道駅


 首都のメイン・ステーションであるにもかかわらず、中心街から5km程度離れた場所にあるので辺りは閑散としていてどこかのどかだった。

駅から歩いてアパートへ向かう


 最初に取った宿は市の中心に程近い(と言っても中心部から2km程度離れている)所だったがレビューを見ると少し微妙な感じだったので、次の移動も考慮して高いけど駅に比較的近い(これも駅からは2km程度離れている)アパートにチェンジしていた。

 15:00時 辿り着いた閑静な住宅地にあるアパートは綺麗な新築で、全てが揃っていた。
 以前の長期旅行時ならまずこんな離れたガイドブックに載っていない所には泊まりようもなかった。
 それをスマホのアプリで簡単に調べて行ける今の時代は本当に便利になった。と、毎回の事ながら感心してしまう。

アパート。右側の棟の1F部分が私の泊まった場所。洗濯乾燥機ももちろんある


 荷物を置いたら近くのスーパーを調べて買出しに向かう。
 郊外型の大型のスーパーマーケットはホームセンターも隣り合ってなんでも売っている。
 宿泊日数分の食糧と、折角だからと地元に人に聞いて代表的なビールを買う。

 オタワがアメリカ大陸、そしてカリブ海エリア最後の首都だ。
 折角とったアパート滅多に飲まないアルコールを嗜むのも悪くはない考えだろう。
 
LOBLAWS。冷凍食品メインにお肉を買った。


 帰ってしばらく経つと天気は雨に変わる。
 時刻はもう17時を過ぎている。
 このまま雨なら出るのもどうしようかと思い悩んでいると今度は晴れ間が見えてくる。
 どうやらにわか雨だったらしい。
 もう、博物館とかは終わっているから、行っても景色を眺めるだけだが

 「可能な時に可能な限りの観光を!

 ツーリストの鉄則はここでも生きている。

 ましてやここはこのエリアのラスト・キャピタル、条件が整ったなら出る以外の選択肢はないだろう。 

アパートから。右上の服は登山用の高機能シャツ、20年以上前の物でオタワで着潰しお別れを告げた。

 これまでカナダの3都市は全て初日移動日に夜まで観光、翌日は日中フル観光の繰り返しだ。
 こんな事なら鉄道のチケットはもっと早い時間を選べば良かったのだろうが、移動日の朝が忙しくなるのは何時だって御免被りたいのでそうはいかなかった。

リドー川にかかる歩行者用の小さな橋


 そう言えばヨーロッパ以外の首都はどこかしら打ち漏らしがあった。
 それにヨーロッパにした所で、あそこを無理に大陸と呼んでいるのは明かに白色人種の驕りに過ぎない。
 なのでユーラシア大陸のヨーロッパエリアの首都制覇というのが精々な所だろう。

下段右はローリエ・ハウス


 そう考えると、今回両アメリカ大陸及びカリブ海エリア全独立国の首都を完全制覇というのは何とも感慨深い。
 その中心部までもう少し歩けば到着するのだ。

中段右:ついつい撮影したアンゴラ大使館


オタワ大学近辺


 オタワ大学のあるエリアを過ぎて北側のノートルダム聖堂の方へ向かう。

ロウワー・タウン

下段:カナダ国立美術館、モニュメントは蜘蛛


 18:30時
 聖堂がまだ開いていたので中に入る。
 明日見れる保証はどこにもないので、出来る事は出来る時にやるべきだった。 

ノートルダム聖堂


上段右:カナダ造幣局


 ノートルダム聖堂を過ぎ、一旦街の中心から遠ざかり西へ向かう。
 首都狙撃完了は目の前でお預けだ。

 19:00時、興味のあったリドー滝を眺める。
 滝と名付けられているものの、明らかな人工物なのでどちらかというと小ぶりなダムと言った風であろうか? 

人工のリドー滝


 
 お目当てはリドー・ホール(総督公邸)
 中心街から東側にだいぶ離れたこの場所をわざわざ歩いて訪れたのは、ガイドブックに載ってたからというただそれだけの理由だった。
 19:30時、到着
  
リドー・ホール、総督とはイギリスのビクトリア女王の代理を果たす人物


 適度に時間も潰れたので来た道を戻り中心街へ向かう。

上段右は旧首相官邸


 そしてそのまま中心部へ向かわず、美術館裏のリドー運河の出口から少し先のネピア・ポイントという展望スポットへと向かう。

信号。下段は美術館裏当たり


 20:00時
 オタワ川とガディーノ(対岸地区)を見渡すネピア・ポイントからはこの街のシンボルとも言える国会議事堂や、世界遺産でもあるリドー運河が眺められるので逃してはいけない場所だった。

ネピア・ポイント、像はサミュエル・ド・シャンブランというフランス人探検家


 日没まではまだ少しある、メインの国会議事堂は間違いなく明日も来る。
 もう手を逃せば届く中心街を、またしてもお預けにしてアレクサンドラ橋を渡って対岸のガディーノ地区へ行く。

ガディーノ地区。上段左と中段は国立歴史博物館


 ガディーノ地区のオタワ川側のメインストリートを東西に移動し、ポルタージュ橋を渡る頃、20:30時を過ぎ日没となる。
 日暮れ時の景色は、曇空も相まって情緒ある風景を醸し出していた

ポルタージュ橋


 橋を渡り終え中心部へ戻り、ウェリントン通りを東へ向かう。

下段:国立図書館

カナダの公衆電話。最下段は連邦裁判所


 21:00時、いよいよオタワの中心、国会議事堂に到着。

上段左:国会議事堂。炎は建国100年記念


 オタワはイギリス語圏とフランス語圏を2分するオタワ川の水辺にある都市で、建国時にイギリス系とフランス系の両勢力から中立的な土地だったことから首都に選ばれた都市だ。

 その中心部に今まさに辿り着いた。
 
 『これでようやくアメリカ・カリブ海エリアの首都が終わりだ・・・

 何とも感慨深い瞬間だった・・・

中段右:リドー運河


 もちろん、まだ見るべきものはあったがもう夜だ。
 これ以上の観光は不要だろう。
 情緒に浸るのもほどほどに、宿に帰ることにした。

オタワの夜


 歩いてアパートへ戻る。
 住宅街は閑散として誰にも会わないので危険をあまり感じない。
 
 22:30時、帰り着いてシャワーを浴びたら冷凍食品を温め肉を焼く。
 ヴァリエーションは乏しいがここで肉というのも自分なりの祝福だった。 

アパート付近と晩飯


 そして「アメリカ・カリブ海エリア首都制覇記念」
 と、満を持して味わったこの旅最初で最後のローカル・ビールは・・・


 普通に不味かった・・・




2019.06.03(月)

 08:30時
 昨日遅くて疲れても居たので、朝食を摂りながら今日の観光を計画する。
 国会議事堂のガイドツアーに興味があったので調べると、現在は改修中で見学できず、代わりに上院議事堂ならやっているらしい。
 当日いきなりの予約なので12:20時のフランス語ツアーしか取れなかったが、それでも上出来だろう。
 そしてこれを中心に他の観光を組み立てることにした。

 09:30時
 外は雨だが、気にせず出発。

朝食、リドー川を渡った所の公園内の遺跡風遊具

上段右:ローリエ・ハウス

ロウワー・タウンにあるショッピング・モール、下段はバイワード・マーケット


 10:30時、カナダ造幣局へ到着。
 ワシントンの時と同様に見学を申し込むとラッキーな事に次の10:45時の予約が直ぐに取れた。

中段:国立博物館、下段:カナダ造幣局


 こうした予約は出発前に全て決めてれば楽だと思う。
 だけど、事前に何をやるかなんて何時だって分からない
 こうして直接行って聞いて、その結果に応じて観光場所を決めるのは、良く言えば臨機応変、その実は単に行き当たりばったりだ。
 これも流れ者の旅行者の習性なのだろう。

 今回は見学できてラッキーだ。

 それだけだ。

カナダ造幣局(ロイヤル・カナディアン・ミント)
下段はトイレの洗面台でコインがお洒落に埋め込まれていた


 予想よりも早く造幣局が見学できたので世界遺産のリドー運河を脇に掠りつつ上院議事堂へ向かう。

メジャーズ・ヒル公園周辺

ウェリントン通りからリドー運河を眺めて


 途中で一旦観光案内所を訪れ、集めている都市地図を貰う。
 ちなみに私は首都を訪れるのには必ず平日をかぶせるようにしている。
 休みだけの滞在だとこうした必要な場所が閉まっている事があるからだ。

上段右:観光案内所


 12:10時、上院議事堂に到着
 セキュリティー・チェックを受けて中に入る。
 ツアーはフランス語で何を言っているか理解は出来なかったがそれでも見れただけで満足だ。

 私の観光は対象物を完全に理解することが目的ではない。
 ただ行って空気を味わうことに意義がある
 
 謂わば「参加することに意義がある」オリンピック精神みたいな物だ。

 決して理解できなかった負け犬の、遠吠えではない・・・

 のかな・・・??
 
上院議事堂(Senate)


 上院議事堂を終えたら間近の世界遺産、リドー運河を訪れる。
 
1832年開通の北米最古の運河


 13:30時
 国会議事堂周辺に立ち寄りつつ西へ向かう。

中央のピース・タワーは92.2mあるが現在は改修中で登れず、無念

上段左:カナダ銀行と博物館、右は最高裁判所


 西に30分ほど歩いて戦争博物館に到着
 安くない19.2CAD(約1600円)を払って入館、それなりの見応えはあったと思う。

戦争博物館


 戦争博物館を終え、中心部に戻ってきたのは15:30頃。
 この後どうするか?
 微妙な時間だったが、ガイドブックで気になっていた、街外れにある航空&宇宙博物館を目指すことにした。

 観光案内所でバスを聞いたが、バス番号のNo.7は分かったが、乗場がはっきりと分からない。
 中心街を少し彷徨って、何とか目的地行のバスに乗る事が出来た。

中心街


 博物館まで直通するバスは無いので予め観光案内所で書いてもらった最寄りのバス停の名前をドライバーに見せそこで降ろしてとお願いする。
 そしてアプリのMapsMeも併用して、降りる場所を見逃さないようにする。

 お願いしているのでお任せしても良さそうだが、自力で分かればそれに越したことは無い。

 もうそろそろと思われる頃、ドライバーの近くに座席を移動して『次なの?』と聞き、最寄りのバス停で降ろして貰う。

 そこから15分、住宅街と小さな林の中を突っ切り、草原を横切って到着。
 時刻は16:20時だった。

No.7バスと降車してから博物館まで


 閉館時間は17時。
 16時以降の入館は無料というラッキーが、本来は嘆くべき見学時間の短さを全て帳消しにした。

航空&宇宙博物館


 2CAD(約170円)寄付して出る。

 『やり切ったかな・・・

 これでもうオタワは満足してしまったので、中心部には戻らずこのまま歩いてアパートへ向かうことにした。
 雨も時折に変わり、青空も顔を見せたり隠したりし始めた。
 
帰り道


 18:00時
 1時間半ほど歩いてアパートに到着
 昨日とほぼ同じ夕食を食べる。

 そして久しぶりの洗濯機に乾燥機、これは嬉しい贅沢だった。

アパートへ




2019.06.04(火)

 08:30時に起きて朝食。
 しばらくのんびりして10:30時に宿を出る。

朝食とアパートから駅へ。上段右は部屋に飾ってあった絵


 出発日、駅に近いのはやっぱり楽だ。
 アパートが抜群に良かったのもあって、出発前に宿を変更してた事は実に良い判断だったと自己満足する。

オタワ駅、近いと言ってもアパートから歩いて30分弱だった。


 11:40時
 次の目的地トロントへ向け出発。

オタワからトロントへ



 思えば最初にアメリカの地を踏んだのは2007年12月、ロサンゼルスだった。
 その後南米、カリブ海と巡り2008年にはこのエリアを抜けていた。

 それから10年以上経ち、ようやくカリブ海エリアの独立国の首都を完全制覇。
 そしてこれでアメリカ大陸の独立国の首都も完全制覇となった。

 今回の旅行はまだもう少し続く。

  だが・・・

 10年越しの宿願の達成
 少しは感慨にふけっても罰は当たらないだろう。

 その万感の思いを込め、みんなにこう伝えよう!

 そう


 『オタワ、オワッタ・・・』


 と・・・ 






  • What’s new?(2020.09.20)

    13年の時を経て「東欧見聞録・南アジア編」に
    2020.09.20
    悟りの地(ブッダガヤ:インド)New!
    2020.09.09
    3度目のインド(コルカタ:インド)New!
    2020.09.06
    ロケット・スティーマー(ダッカ:バングラデシュ)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ