メキシコ

モレーリア→イラプアト→グアナファト

メキシコ合衆国基礎データ(欧米見聞録2ヶ国目、新規118ヶ国目:2007-2008年版地球の歩き方「メキシコ」より抜粋し一部加筆)
1.面積:196万平方キロメートル(日本の約5倍)
2.人口:約1億320万人(2002年国勢調査)
3.首都:メキシコシティ
4.民族:メスティソ(先住民とスペイン系白人との混血)約60%、先住民約25%、スペイン系白人約15%(白人の殆どが上流階級、先住民は貧困層が多数)
5.言語:スペイン語
6.宗教:カトリック(国民の約9割)
7.通貨:メキシコペソ(N$)、補助通貨1N$=100センタボ(Centavo)
※記事中は当時のレート、1ペソ≒11円(最初の方は国境の現金両替での手数料込みのレート、1ペソ≒12円)で計算します。
※地名は当時利用していた2007-2008年版地球の歩き方「メキシコ」を基本とします。

※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、帰国後10年以上経てから記事を書いているので実際のアップ日は2022.10.22です。


2007.12.26(水)15日目:モレーリア→グアナファト

10:30-13:10 イラプアトへ到着。プリメラ・プラスというバス会社の1等は軽食とワンドリンク付で117ペソ、快適だ。
 ここでグアナファト行を購入。同じ会社の1等で短い距離ながらも軽食とワンドリンク付で40ペソだ。

イラプアト、これからグアナファトへ


14:30 グアナファト郊外のバスターミナルに到着。
 市バス(4ペソ)で中心に出る。

市バスで市内へ


15:00 狙っていた「歩き方」掲載の宿が値上がりしていたの傍のガイドブックに未掲載のホテル・レフォルナに2泊で決める。
 1泊200ペソでトイレ、シャワー、TV、ファン付は悪くない。
 残念ながらファンが壊れていたと後で分かったが、12月のメキシコでは無用の長物だ。

 ここグアナファトは豊かな銀山に恵まれ、スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築の歴史的な市街地と、近辺の銀山1988年にユネスコ世界遺産に登録された街だ。。

 ただこの行けば世界遺産1件追加というお手軽さ以上に、メキシコ一美しいと言われ、「歩き方」の見開きにもなっているのがより気になる。

 この「旅行界一美しいツーリスト」と呼ばれるプロフェッショナルにとって、訪問必須な場所だ。

 移動を終え、街に出る。
 ピザ(12ペソ)にチョコ(12ペソ)にアイス12ペソとまずは食事をして地図(50ペソ)も購入。 

上段左:ベレン教会、中段右、下段左:バシリカ

上段左:グアナファト大学。下段:サンディエゴ教会フアレス劇場

フアレス劇場はメキシコ建国期の大統領ベニート・フアレスの名を冠した劇場。

16:30 ピピラの丘にケーブルカー(12ペソ×2往復)で上がる。
 全景マニアである事に加え、「歩き方」の見開きの写真もここから撮った物だ。
 グアナファト一番の目的地と言って良いだろう。
 それに夜景まで粘れる絶好の時間帯だ。
 テンションも上がる。

ピピラの丘へ。上段右はメキシコ独立時の英雄でこの丘の名前でもあるピピラ像


 上で絵葉書(6ペソ)を購入。
 時間を潰していると市バスで知り合ったエリック(カナダ人)とカラ(メキシコ人)と再会。
 夜景を一緒に眺める。

夜景


 メキシコ(に限らず中南米殆ど)の国ではこうした見晴らしの良い場所から夜戻る時、襲われる時があるとガイドブックに書かれているが道連れがいると心強い。
 結局帰りは3人で歩いて降りたので往復チケットの片道は無駄になった。
 
丘から降りて。


19:30 帰りがけ、フアレス劇場(学割で15ペソ、観劇ではなく劇場をみるだけ)により、レストランで食事 エンチラーダ(67ペソ)、コーラ(21ペソ)、チップ(1ペソ)で100ペソ。
 偶の贅沢は悪くないが、どうしてもセットで頼むと緑や白の物が目に入るのがミータリアンいは減点だ。

21:00 ジュース(9.5ペソ)、チョコ(9ペソ)、アイス(銘柄はマグナ、17ペソ)を買い、彼らと別れて宿に戻る。

夕食


 今日の出費は875ペソ(10500円)
 夕方から動き出したとはいえ一番の目的が達成できたので満足だ。

 
2007.12.27(木)16日目

11:30 ピザセット(12ペソ、1/6切れとコーラコップ1杯)が朝食。
12:00-13:00 ネット(日本語可、10ペソ)

13:30 アロンディガ・デ・グラナディータス(43ペソ、学割無し)を訪れる。

アロンディガ・デ・グラナディータス、元は穀物倉庫。現在は州立博物館。壁画はモラド作。

 次にディエゴ・リベラの家の博物館5ペソ(学割あり、通常は15ペソ)を訪れる。

上段左:アロンディガ・デ・グラナディータスの中。中段左:ディエゴ・リベラの家の博物館


13:30-15:30 一度またネット(20ペソ、日本語可)をしてから教会をプチ巡り

上段:ラ・コンパーニャ聖堂、中段:バシリカ、下段:サンディエゴ教会


 昨日買ったチケットでピピラの丘

またケーブルカーでピピラの丘へ


 口づけの小径を経由、 サンドイッチ(17.5ペソ)を買ってホテルに戻る。

 16:00-16:30 一度休憩

中段:口づけの小径


17:00-20:00 ネットに3時間篭り、(「激闘の記録」「第18話 アメリカン・ドリーム(舞台国:ロスアンゼルス・アメリカ)」をアップ)
 
 夕食はタコス×2(6ペソ×2)にコーラ(8ペソ)にホットドッグ(10ペソ)
 さらにジュース(9.5ペソ)とチョコ(5.9×2ペソ)、チップス(5.5ペソ)を買ってホテルに戻る。




 今日の出費は194.3ペソ(2350円)
 メキシコ一美しい街にいるのに観光以上にのんびりと過ごした一日だった。

2007.12.28(金)17日目

10:30 朝食はピザ×2枚(12×2ペソ)。

切り売りのピザ



11:10-11:30 チェックアウトして市バス(4ペソ)で郊外のバスターミナルへ
12:40 グアナファトを出発し、ケレタロ(会社はプリミエールプラス 1等 123ペソ)へ向かう。

 メキシコ一美しいと評されるグアナファト。
 「やや雑然と感じ、悪くは無いけどメキシコ一とまでは思えない」
 期待値が高かった分、私にはやや消化不良を感じてしまった街だった。

  • What’s new?(2023.01.24)

    「G見聞録」「欧米見聞録」「中米編」に新記事
    2023.01.24
    一瞥の首都(ベルモパン・ベリーズ)New!
    2023.01.18
    B級都市(ベリーズシティ・ベリーズ)New!
    2023.01.13
    メキシコ出国(カンクン:メキシコ)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ