旧首都(アルマティ:カザフスタン)

カザフスタン

ビシュケク→アルマティ

基礎データ(2021外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積:272万4900平方キロメートル(日本の7倍、世界第9位。旧ソ連ではロシアに次ぐ。)
2.人口:1,860万人(2019年:国連人口基金)
3.首都:ヌルスルタン(2019年に現名称へ変更、旅行時の旧名称はアスタナ)
4.民族:カザフ系(67.98%)、ロシア系(19.32%)、ウズベク系(3.21%)、ウクライナ系(1.47%)、ウイグル系(1.47%)、タタール系(1.10%)、ドイツ系(0.97%)、その他(4.5%)(2019年:カザフスタン国民経済省統計委員会)
5.言語:カザフ語が国語。(ロシア語は公用語)
6.宗教:イスラム教(70.2%)、ロシア正教(26.3%)、仏教(0.1%)、無宗教(2.8%)、無回答(0.5%)(2009年:カザフスタン国勢調査)
7.通貨:カザフスタン・テンゲ 1KZT=約1円 ※2007年当時、補助通貨はティンで1KZT=100ティン

※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、帰国後10年以上経てから記事を書いているので実際のアップ日は2021.03.30です。


2007.08.13(月)

 日記帳の日付に訂正が入るぐらいに時の流れを忘れていたビシュケク。
 そこを出発して1時間、13:30に国境へ到着。
 ゆずランド氏(以下ゆ氏)がオシュバザールで買ったガスマスクに税関が無駄に反応して私の荷物も結構調べられたために少し時間がかかったが、出国審査を潜り抜け新規109ヶ国目になるカザフスタンへ入国を果たす。

 この国の最初の目的地は旧首都で人口が国内最大の120万人と、いまでも南の首都と呼ばれるアルマティ(発音によりアルトマイ、アルマトゥとも言われる)だ。
  
カザフスタン入国


 15:30時、ドライブインで休憩。余っていたキルギスのお金の一部、50ソムを125テンゲに両替。
 ふと見かけたアイスクリームが我慢できずに思わず購入。

ドライブイン


 17:00時、アルマティのスイラン・バスターミナルへ到着。
 残っていたソムをここで一気に両替してさらにATMで30000テンゲ程おろす。
 そしてターミナル併設の宿に泊まろうとすると、レセのおばさんはカザフ語(多分)、ロシア語しか話せず、英語がNGだ。
 どうしようかと適当に試していたら何故かフランス語なら通じたので、それで無理矢理会話してシャワー、トイレ付きのドミトリーを800テンゲでゲット。

 落ち着き先が出て少しほっとしたのでゅ氏と一緒に出て夕食を摂り、ネットカフェで30分ほど時間を使う。
 日本語可は有難い。

ターミナル併設の宿とドミ、夕食はピラフとコーラ。620テンゲ(約620円)は日本と変わらない。


 夜にちょっとした悲劇(「謎の日常」の「アルマティの悲劇!(アルマティ:カザフスタン)」)はあったが、悪くはないスタートだろう。

2007.08.14(火)

 09:00時、宿を一旦チェックアウト。
 旧ソ圏ではありがちな駅やバスターミナル併設の宿は日本のユースみたいに日中(ここでは09:00-18:00)、人が宿に居れない事が多い。
 ここもその例に漏れていなかった。
 ただ、荷物は置いたままで良いので、日中観光するなら問題はない。

 09:30 アルマティ駅へゅ氏と一緒にトラム、バスと乗り継いで向かう。
 
バスターミナルとトラム

トラム内


 10:30時、たまたま見つけた地図を買い、鉄道駅で首都アスタナ行のチケットを購入。
 クーペヌイ上(寝台の上)を6290テンゲで買ったが、お釣りの10を貰い忘れた事を後で気付いて少し落ち込む。
 
下段左がアルマティⅡ駅


 ランチはビフテキにファンタ。770テンゲはやはり少し高く感じる。

昼食。

ショッピングモール

下段:民族楽器博物館

軍事博物館 200テンゲとパンフィロフ28戦士公園

軍事博物館

パンフィロフ28戦士公園

上段:ヴォズネセンスキー正教会、実は木造では世界第2位の高さ。下段:国立中央博物館

政府系?

下段左:アバイ記念カザフ国立オペラ・バレエ劇場

共和国広場


 15:30頃まで駅から歩きながら市内観光。
 そこから見晴らしの良いキョクテベ山頂へ向かうロープウェイ乗場へ行くが、行はタクシーで行ける所までいってからシャトルバスで乗り継いで山頂へ。 

キョクテベ行のロープウェイ乗場と山頂

キョクテベ山頂駅。ここは市の南東部でテレビ塔がある。

4人の像


 17:30時。夕日を見るには良いとガイドブックに載っていたが明かな逆光だったので諦め、ロープウェイで下る。
 
ロープウェイから


 18:30時、トラムで宿に戻る。
 そしてドミからダブルへ移る。

宿付近


 夜はショッピングセンターのフードコートでピザにコーラ、そしてアイス。

 一旦ネットをしてドーナツにまたコーラ。

キング・バーガーってどこかで見たような・・・


  大都市なので過ごしやすいが、食事に10%税がかかることも含めてここは兎に角物価が高い・・・

2007.08.15(水)

 10:00時、バスターミナル併設ホテルをゅ氏より先にチェックアウト。
 ダブルはドミと違って12:00時まで居て良かったので少し勿体なさを感じるが、出発時間が決まっているので仕方ない。

 トラムで駅近くまで行ってからスーパーで車内用のコーラや水、チョコ、そしてカップ麺などを買い込む。
 旧ソ系の鉄道なら給湯器はついている筈だ。

トラム、スーパーにマックもどきに両替所
 

 11:20時
 駅に到着し鉄道の出発を待つ 

アルマティⅡ駅




 12:10時、出発。

アルマティ発


 目的地のアスタナは1997年にアルマティから遷都した比較的新しい首都で、カザフスタンの中央に位置し、鉄道でアルマティからほぼ一日もかかる所にある。
 
 旧首都のままならこんな奥地に行かずに済むのに・・・
 と、思いつつ、鉄道は無情にもより内陸部を目指して進んでいた・・・






  • What’s new?(2021.06.13)

    2007年時の旅行記録「西域見聞録」に新記事
    2021.06.13
    カザフ第三の都市(シムケント:カザフスタン)New!
    2021.05.01
    旧首都の中の首都(アスタナ/ヌルスルタン:カザフスタン)New!
    をアップ

    「謎の日常」に新記事
    2021.05.22
    チーム・アンゴラ(我孫子:千葉)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ