ヨーグルトの国(ソフィア:ブルガリア)

実際のアップ日は2018.01.23となります。

ブルガリア(87ヶ国目)

ブカレスト(ルーマニア)→ソフィア(ブルガリア)

基礎データ(2017外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積:11.09万平方キロメートル(日本の約3分の1)
2.人口:717万人(2015年、世銀)
3.首都:ソフィア
4.民族:ブルガリア人(約80%)、トルコ系(10%)、ロマ(推定約10%)等
5.言語:ブルガリア語
6.宗教:大多数はブルガリア正教(ギリシャ正教等が属する東方教会の一派)。他にイスラム教徒、少数のカトリック教徒、新教徒等
7.通貨:ブルガリア・レフ(複数だとレヴァ)(BGN)。1レフ≒80円(訪問時のレート、実勢レートと違い、読む人がイメージしやすいように大まかな数字にしてます。)

2006.11.14(火)-11.16(木)

 地方2都市の狙撃を終え、後はインドビザを手にしたらここを抜けるだけになる。

市街

 質の良い日本人宿に泊まれているお蔭でやる事がなくても快適だ。

市街

センスがあまり良いと言えないモニュメント
 

 

 所で、ブルガリアと言えばヨーグルトが真っ先に頭に浮かぶだろう。明治ブルガリアヨーグルト、アレルギー等の関係で食べた事が無かったとしても目にした事が無い者はいないだろう

こちらセンスがそれなりに見られる建築物。


共産圏にありがちなモニュメント


個人的にはツボな公園の遊具。


 このヨーグルトは、定期的にブルガリアから輸入された菌を使用し、その乳酸菌株をブルガリア国外に輸出するには政府の許可となり、その際の交渉過程で「ブルガリア」の国名を商品名に使用する事をブルガリア政府から正式に許可されているという。

綱引きみたいなモニュメント


衛兵の交代式


 明治ブルガリアヨーグルトの本場ブルガリア、ここで何か一つやる事があるとしたら本場のヨーグルトを味わう事だろう・・・

夜景

 

 そしておそらくは皆さまの予想通り、このプロフェッショナルがヨーグルトを食べる事は特に無かった・・・

 だって、そこまで好きじゃないんだもん・・・




 いずれにしてもビザ取りも終わりだ。穏やかな日々はここで一旦終わりにし、また明日からは観光ラッシュだ

へんてこな彫像に夜の鉄道駅


 次に向かうのはマケドニア、旧ユーゴへと突入する・・・






  • What’s new?(2018.07.22)

    短期旅行終了
    「謎の日常」に新記事
    2018.07.22
    他称独立国・帝都潜入(マエバシ・グンマー)New!
    2018.07.18
    フォースミッション・サードストーリー・エピローグ(日本)New!

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ