モンロビアの国立博物館及び旧ホリデーインホテル(文化遺産:リベリア:2005年12月選出)

リベリア






 リベリアの首都モンロビアにある国立博物館。
 

 凄まじいのは内戦時に殆どのお宝が盗まれてしまい現在わずかに残ったものの展示の他に内戦時の写真をパネルにして飾ってある事。入場料は寄付、写真はチップ。

これがその国立博物館入口・・・、右は裏通りから
 




 この他に、内戦により、価値のある物は全て盗難にあい、完全に廃墟化したにもかかわらず未だに外国人10US$、米国人8US$で泊めている旧ホリディ・インホテルも必見

これがその旧ホリデーインホテル





 尚、この首都は「完全停電首都」としても勇名を馳せている… 

 当時の記事は⇒「怪しき影!(モンロビア:リベリア)」を参照






  • What’s new?(2019.05.12)

    仕事と私用と旅行準備で色々停滞中

    「謎の日常・4th4th_北米カリブ海編」に、
    2019.05.18
    第4任務第4話出発前(松戸市:千葉県)New!
    「謎の日常・日本観光編」に、
    2019.05.12
    万券の街(深谷市:埼玉県)New!
    2019.04.29
    餃子の街(宇都宮:栃木県)New!

    見聞録シリーズの更新は帰国して次の旅行記事が終わってからなので当分先になる予定です

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ