北海道三大夜景(三笠ー小樽ー赤井川:北海道)

三笠-石狩-小樽-神威岬-岩内-小樽-あかいがわ


2023.06.17(土)13日目:三笠-石狩-小樽-神威岬-岩内-小樽-あかいがわ

07:00-08:00 道の駅「みかさ」で起床。
 札幌はもう手の届く位置だったが、そこに住む友人と会う約束は明日だ。
 どこかでのんびりするのも手だが、性分ではない。
 後の旅程を楽にすべく札幌を迂回し、札幌以西を行ける限り周ることににした。

09:00 石狩方面に向かい道の駅「石狩アイロード厚田」を経由。

小樽に近付いて。


10:25 最初の目的地「小樽」に到着。
 ネットで調べた駅近最安の駐車場が空いてそうなので行ったら無人で停め方が判らない。
 看板の管理会社に連絡したらweb等で事前予約が必要だそうで、それを知らない利用者から偶に電話があるらしい。
 管理会社は管理だけで運営は別だそうだ。
 結局ネットでの予約を諦め、さらに駅近で上限料金のある「Dパーキング小樽駅前第一」(結局昼の上限800円を支払った)に駐車。

 足早に向かった先は三角市場。
 海鮮丼が目当てだがるるぶに出てた滝波食堂は土曜ということもあったのか?行列で行く気にならない。
 他にも色々と店はあったが一旦やり過ごし駅へ抜ける。

三角市場から駅


11:00 考えはまとまらなかったが、何か腹に入れなければいけない。
 やはりここでは海鮮丼だろう。
 るるぶに載ってた「味処たけだ」も並んでいる人が少しいる。
 他は無いかとネットで調べて評判の良い「さんかく亭」が直ぐに入れるのでここに決定。
 2900円(ウニ、いくら、サーモン)の海鮮丼を食べる。
 美味しいけど、夢に見た山盛りいくらには巡り合えず

三角市場にさんかく亭


 折角駐車場に停めてるので、駅から有名な「小樽運河」までの見所を観光する。

上段:小樽駅、中段:小樽都通り、下段:旧国鉄手宮線跡

上段:日本銀行旧小樽支店金融資料館

小樽運河

小樽港


 市街は一通り観光した。
 出庫して小樽の全景が眺められるポイントへ向かう。
 数か所あるみたいだ。

12:40 最初は「手宮公園」の眺望地点へ。
 眺望と名が付くのにそれ程良い眺めでは無かった。

手宮公園と眺望地点


13:26 「天狗山」に向かう途中で看板を見かけた「旭展望台」へ。
 駐車場がガラガラで期待してなかったが、ここは悪くない。

旭展望台


13:50 さらに小樽で一番展望が良いとされる「天狗山展望台」へ
 確かに良い眺めだ。

天狗山展望台

第一展望台

屋上展望台

上段は第2展望台、中下段は第3展望台


 途中看板で「北海道三大夜景」の文字が目に入る。
 昼の景色がこれなら、少なくとも夜景は旭川や釧路、稚内等より上だろう。
 それに三大○○とかはツーリストの弱点、目にしたら行きたくなるのは至極当然だ。
 運河の夜景も含めて小樽に戻るオプションも考慮すべきだろう。

駐車場の方へまた戻って。


14:42 小樽で12.66l給油(2026円)してから「積丹半島」を目指す。
14:55 余市のセイコーマートで食後のデザートを購入。
 エレガントを名乗るツーリストに食後のでスイーツは欠かせない物だ。

フレンチクルーラー(130円)と生ドーナツ(130円)の税込280円。


15:14 「ローソク岩」を通過

ローソク岩

1992年、積丹半島(神威岬を目指して)

1992年、ローソク岩


16:00「島武意海岸」へ
 積丹半島で有名なのは神威岬だが、ここにはその名もずばり積丹岬だ。
 散策ルート全てを周ると神威岬に手が届かない恐れがあるので手短に時間のある限りつまみ食いすることにした。
 
島武意海岸

海岸に出るには階段を下らなければいけない、悩んだけど行く事に。

戻って訪れた積丹出岬灯台

蛇が居た。


 見所全ては無理だったが取り敢えず海岸と灯台はクリアーだ。

16:30 出発して神威岬を目指す。

1992年の島武意海岸、当時もちゃんと行ったみたい。


 こんな時に限って前の車がゆっくりだ。
 神威岬に行く道路の分岐点に到着したらゲートが半分閉まっている。
 入口側は16時半に閉鎖で出口側だけ開けていたと後でわかったが、前のゆっくりと走っていた車が入っていったので共連れみたいに一緒に入ってしまった。 

16:50 「神威岬」に到着。
 17:30までにエリアから出ないといけないらしい。(先ほど半分開いていた道路も17:30に閉鎖になるらしい)
 せっかく来たのだからと駆け足で突端を目指すも、そこに続く道が強風で閉鎖。
 以前(1992年)に来たという記憶も記録(写真)もあったので、断念する。

神威岬、風はかなり強かった。


17:20 見れる場所を駆け足で巡り、車に乗り閉鎖前に道路を出る。
 結構きわどい時間だった。

17:40 道の駅「オスコイ!かもえない」に到着。

道の駅「オスコイ!かもえない」

海岸沿いで見かけたモザイクがかかりそうなルックスの岩


18:40 道の駅「いわない」まで足を延ばす。
 これから小樽に戻れば夜景観賞に丁度良さそうだ。

道の駅「いわない」


20:00 まず「小樽天狗山」へ
 三大の名に期待しすぎた所為か?少し拍子抜けだ。

小樽天狗山

夜景モードで撮影。明る過ぎて見た景色とは違う。

実際見えていた景色はこちらに近い。


21:00  小樽天狗山が完全ヒットとはいかなかったので「旭展望台」へ。
 昼良かったので期待していたが、ここも今一つだった。

旭展望台


21:08-22:25 折角小樽に戻ったので「Dパーキング小樽駅前第一」に駐車(出庫時の支払いは200円だった)。
 食事ついでに市街を散策する。

 小樽はそれなりの規模の都市なのに夜は半死状態だ。
 パット見で開いている食堂(飲み屋を除く)がミスドぐらいしかなかく、そこも22時閉店。
 小樽でミスドなんてイカして無いが、背に腹は代えられないしミスドは好きなので良いだろう。
21:18 チーズドッグ(440円)、ミスドアイスコーヒー(セット、173円)。エビグラタンパイ(242円)、白いポンデカスタードアーモンド(220円)、白いポンデみたらし(198円)の税込1273円をイートイン。
 
三角市場に空いていてたミスド


 食後は小樽市街の夜景を散策する。

駅に小樽都通り商店街、日本銀行旧小樽支店

小樽運河

旧国鉄手宮線

小樽駅

三角市場


 昼と同じコースを大体歩いたが、この街は想像以上に静かだった。

22:14 小樽のセブンイレブンでウーロン茶600ml(100円)とガラナ(150円)の税込270円購入。 
 もう時間も遅く営業中の温泉もなさそうだ。

久しぶりにセブンで買物


 出庫して車中泊の候補地へ向かう。

22:45 途中にあった展望パーキングだが暗すぎて何が見えていたか分からず。


23:00 道の駅「あかいがわ」に到着。
 車も少なく静かそうだったのでここで車中泊とする。

 本日の出費は7749円
 小樽の夜景は無理して見なくても良かったが、それは行かなければ分からない事だ。
 そう考えると「気になるなら行くしか選択肢が無くなる」のは、旅行者の業だろう。






  • What’s new?(2024.02.19)

    「謎の日常」「謎5thミッション国内車旅行編」「謎5th2nd北海道編 」に新記事
    2024.02.19
    第5任務第2話の終り(弘前:青森ー松戸:千葉)New!
    2024.02.14
    もう一つの半島(平舘ー弘前:青森)New!
    2024.02.11
    下北を巡る(脇野沢ー平舘:青森)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ