サイババ・タウン(シルディ:インド)

インド

アウランガーバード→シルディ

基礎データ(2018外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積:328万7,469平方キロメートル※日本の約9倍、インド政府資料:パキスタン,中国との係争地を含む。(2011年国勢調査)
2.人口:12億1,057万人(2011年国勢調査)
3.首都:デリー
4.民族:インド・アーリヤ族,ドラビダ族,モンゴロイド族等
5.言語:連邦公用語はヒンディー語,他に憲法で公認されている州の言語が21
6.宗教:ヒンドゥー教徒79.8%,イスラム教徒14.2%,キリスト教徒2.3%,シク教徒1.7%,仏教徒0.7%,ジャイナ教徒0.4%(2011年国勢調査)
7.通貨:インドルピー 1Rs=100P(パイサ) 1Rs≒3円で計算。(実際は2.75程度)

※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、帰国後10年以上経てから記事を書いているので実際のアップ日は2019.02.03です。


2007.03.23(金)

 アウランガーバードを後にして次に向かったのはシルディという地方の町だ。
 こんな名もあまり知られない小さな町に訪れたのは歩き方のコラムに「故シュリー・サイババの町でインド中から信者がお参りする」と書かれていたので興味を持ち、ついでにサイババ→サイバーと勘違いしたネタでも書こうかと思いついてしまったからだ。

 ※当時の記事は→「サイバータウン(電脳町)(シルディー:インド)

 アウランガーバードから3時間半
 14:30時にシルディ―に到着する。

 ありとあらゆる宿泊施設が揃っていると書かれているだけあって、テレビ・シャワー・トイレ付きのシングルに泊まろうと、ホテル・サイ・チャトラで交渉すると最初の1200Rs(3600円)から300Rs(900円)と大幅ディスカウントというかそもそも初めの値段はなんだったのかというAmazonのタイムセールも真っ青な激烈値引きを経験する。
 競合ホテルが多いからなのだろうが、有難いことに変わりは無かった。

 何はともあれサイババ寺院をと訪れると中は撮影不可。
 特に信者でも無かったが、折角なので目に焼き付けようと2周詣でる。

 ドネーション(寄付)がATMで可能という最先端システムにはびっくりとさせられたが、本当にそれでよいのかは疑問のままだった・・・

サイババ寺院


夜はピザ。サイババゆかりの書店やショップ。右下が泊まったホテル


2007.03.24(土)

 ホテルで朝食を摂って10時にバス停へ
 待っていると昨日別れた仙石氏とばったりと出会う。
 彼はここから北上なので少し話してすぐに別れたがこんな偶然も旅の楽しみの一つなのだろう。

バス停で、ボルゴのバス


 ここのバスは人数がフルになってから出発するアフリカ方式で、日中30度を越える中、バスで市内をぐるぐると周らされる。
 1時間ほど客集めして市内を出たのは11:30時の事だった・・・

ぐるぐる回るバスの中で。途中耐えきれずにアイスを買った。


途中で撮ったボルゴバスとペプシ


 Incredible! India!!(信じられない!インド!!)

 ビザの期限を心配し始めていたこの時期に、ネタの為だけに写真の撮れない寺院を訪れさせるトラップを仕掛けてくるあたりが、この国の恐ろしさだったと言わせていただきたいが・・・

 今回は単なる自爆だったということも付け加えておこうか・・・






  • What’s new?(2019.02.18)

    「東欧見聞録・南アジア編」に、2007年次の記事
    2019.02.18
    スリランカ最古の都(アヌラーダプラ:スリランカ)New!
    2009.02.16
    究極の贅沢とは?(マレ:モルディブ)New!
    2019.02.12
    インド最南端行(トリヴァンドラム/カニャークマリ・インド)New!

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ