穴居住宅(マトマタ:チュニジア)

 チュニジア



2006.03.14(火)

 スースを出て鉄道で南下する。
 最初についたのは鉄道の終着駅でもあるガベスだ。

ガベスの駅、他でもそうだったがチュニジアの地方の鉄道駅は白のペイントに青い窓や扉でアクセントをつけている物が多かった
  

 だが、目的地はここではない、さらに南下してマトマタという町にいくつもりだった。

 ここはベルベル人がアラビア人の侵略を避ける為に作った珍しい穴居住宅がある町でスターウォーズのロケ地としても有名な場所だった。(余談ながらチュニジアはスター・ウォーズの舞台となった場所が多い事も有名で英語のガイドブック・ロンリープラネットでも見所として紹介されている)


 マトマタに着いたらホテル・シディ・ドリスへ向かう。安価なこの宿はスター・ウォーズのロケ地としてピンポイントに使われた場所だった。

ホテル・シディ・ドリス
 

私の泊まった部屋、掘り下げた穴の中にこんな感じで部屋がある
  


 

右側はレセプション
 

外に出て眺めたシディ・ドリス



所々にある穴は穴居住宅


マトマタ町内、こちらも所々に穴があいている。



 世にも不思議な光景、同じ惑星にこんな景色があるとは実物を見るまで想像もつかなった・・・

 だからこそSF、スター・ウォーズの舞台になったのだろう。

 私は町の中心から離れた丘に登る事にした


 荒涼とした砂漠の中にある丘から見下ろした景色・・・

 どこか遠い世界を感じてしまう・・・(日本を出国してきたので遠い世界というのは当たり前です)


丘からの景色










 丘からの景色を堪能してまた町に戻る。

 ホテル・シディ・ドリス以外にも穴居住宅で何か見れる物は無いかと探していたらたまたま博物館になっている物が見つかった。

博物館



 私以外に観光客が全くいなかった博物館、迷わず入る事にした。説明するガイド付きで彼女は美人だった・・・


博物館内
 

 

 

 


 昔のベルベル人の暮らしを再現した博物館、よくまとめられた展示物、そして美人のガイド・・・

 このプロフェッショナルを満足させるには十分な物であった・・・(※主に美人ガイドさん・・・)

正面中央の白い壁が博物館でその左斜め後ろに穴居住宅がある。



 後はホテル・シディ・ドリスでまったりだ。スター・ウォーズの舞台だけあって宿泊客以外にも頻繁にツアー等の観光客が訪れては去っていくのがマイナスだが私も泊まってさえなければ全く同じ行動をする筈なので文句をつける筋合いでもないだろう。

中にあるバー、夕食もここで食べた。そしてそんなに美味くなかった・・・(※このプロフェッショナルは偏食なのであまり参考にしないように・・・)
 


 穴居住宅で過ごす夜、他所向けのホテルであってもそのロマンティシズムは失われない。

 SFファンタジーの中、私は眠りに落ちていった・・・


幻想的にすら見える私の泊まった部屋。



 また日は昇る、朝起きて食事をとる。

食堂(バー)、そして伝統的な穴居住宅というより明らかにSFチックなロケ用の部屋。
 

そしてスター・ウォーズ
 


 食事を終えたらもう出発の刻だ!

 珍しい物を見ていると時が立つのは早い、それも狭い範囲で十分見て回れるので尚更だ。


 コンパクトに見終わったマトマタ・・・


 私はプロフェッショナルとしてこう思う。


 『マトマタだけに・・・』


 『良くまとまった観光になった!』


 と・・・






  • What’s new?(2020.11.08)

    「東欧見聞録・南アジア編」が完結
    2020.11.15
    世界遺産10段階ランキング(日本)New!
    をアップ

    13年の時を経て「東欧見聞録・南アジア編」が完結
    2020.11.15
    セカンド・ミッション・エピローグ(日本)New!
    2020.11.08
    任務中断(香港:中国→日本)New!
    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ