ルサカ・一反木綿の街並(都市遺産:ザンビア:2005年5月選出)

ザンビア





 ザンビアの首都ルサカ

 ここをわざわざ遺産としてあげたのはその類稀なる「薄っぺらさ」から。

 

 60年代に銅の輸出で潤った華やかなりし時代にメインストリート沿いに高層ビルと建てたのはいいもののその後が続かず、結果的にその一本の道の両脇にビルが建ち、それ以外はほぼ低層建築が立ち並ぶその様は一反木綿さながらだ。

 中心部だけ見ると「少しはやるじゃない」と思えるが・・・

 

 ルサカの中心部

 

  

  道を1、2本ずらすとはいこの通り・・・

  

  

  

 

  この前も、この後も、世界で数多くの都市をみてきたが、ここまでの「見掛け倒し」、「張子の虎」と呼ぶのにふさわしい出来栄えをもつのはザンビアのここルサカだけ。

 

 この一反木綿の街、ルサカ・・・未来永劫にこの国が発展しないことを願うばかりである。

 

 ルサカの線路で

 

 で、これは何・・・???

 






  • What’s new?(2018.10.18)

    「東欧見聞録」は新章「中東編」に突入、2006年次旅行の記事
    2018.10.18
    奇岩風景(カッパドキア:トルコ)New!
    2018.10.16
    2007年の幕開け(パムッカレ:トルコ)New!
    2018.10.14
    旅人交差点(イスタンブール:トルコ)New!

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ