ロケット飛行(バングラデシュ)

2007.05.04


 バングラデシュでロケットに乗る…

 それも展示してある動かないロケットに乗るわけではない。現役のロケットに、それも乗客として乗れるのである!!


 こんな夢のような話があっていいのだろうか?


 しかしこれは紛れも無い”現実”である。


 このプロフェッショナル、ダッカ以外のバングラデシュのハイライトとしてこの”ロケットに乗る”ことが目的であった…





 もちろん下調べは何時もの通りに万全だ!

 決してたまたまカルカタから同行してくれた日本人旅行者が「バングラディッシュに行けばロケットに乗れますよ」と教えてくれたから「じゃあ僕も一緒に~!!」と思い付きだけで決めたわけではないことは、言うまでも無いだろう。





 心もウキウキとオフィスでチケットを購入。


 夕方の6時に港へ向かう…



 コイツだ!月にまで飛んでいきそうな精悍な構え、このエレガントツーリストに相応しい乗り物だ…


船着場から見たロケットの様子…


全体図はこんな感じ…




 えっ??これのどこが”ロケット”なのかって…

 コイツの名前は”ロケットスティーマー”と言うのですよ!!

 ”ロケット”と呼んでも間違えてはないでせう…


 それにコイツのイカス部分がコレ!!スティーマー(蒸気船)と言うのが名前なのに…蒸気は使わずに”外輪船”なのである!!


この横に出っ張っているのが外輪部


ちなみにこの中にあるスクリュー(というか扇風機みたいなもの?)で進む外輪船というトラディショナルなスタイル




 うーん、何たるエレガント…


 次の写真を見て欲しい…





 ちなみに…1928年製!!只今79歳の御長寿…って働かせすぎだろっ!!




 見かけから言って…本当に目的地のクルナに辿り着くか甚だ疑問であったが何とか30時間かかって到着。

 道中の景色も楽しく、このプロフェッショナル、「エレガントに御満悦」であったことは言うまでも無いであろう…






  • What’s new?(2020.09.20)

    13年の時を経て「東欧見聞録・南アジア編」に
    2020.09.20
    悟りの地(ブッダガヤ:インド)New!
    2020.09.09
    3度目のインド(コルカタ:インド)New!
    2020.09.06
    ロケット・スティーマー(ダッカ:バングラデシュ)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ