乱暴3・怒りのアフガン...(カブール:アフガニスタン)

2007.02.20


 アフガニスタン...

 いずれは行くとしても今回この国は省略するつもりだった...

 パキスタンのペシャワールに到着し、泊まったモーテルにいたイタリア人の老齢の夫妻。

 彼らが最近アフガニスタンを訪れており、ペシャワールでは簡単にビザが取れてセキュリティー上もそれほど問題は無かったと言うので急遽予定を変更し、アフガンへ行くことに決めたのだった...




 ペシャワールに到着したのは2月9日の金曜日の深夜、土日をはさみ月曜日から動いてパキスタンの再入国の許可やアフガニスタンのビザの取得まで終わったのが2月15日の木曜、さらに国境付近は政府自治の及ばないトライバルエリア(部族自治区)なのでそこを通過する許可証を金曜日に取得して2月の16日の土曜日にようやく出発!

 一つ一つの手続きは簡単だったが入国までの準備に5日間かかった...、なんとも面倒だ...


 国境までは

 「政府の指定する旅行代理店に接触し、ガードをつけて移動するように」

 と、許可証にはあったものの、料金が高かったので乗り合いのミニバスに乗せてもらって移動、

 国境で

 「なんで護衛をきちんとつけないのか?セキュリティー上問題が合ったらどうする?」

 と叱られた物のなんとか無事にアフガンに入国、


 乗り合いのタクシーで首都のカブールへと向かった。





 首都狙撃者の私にとって、第一目標はもちろんこの首都のカブールだ!


 しかしアフガニスタンにはもうひとつ行きたい所があった。

 「タリバン(イスラム原理主義者)に破壊された石窟仏像がある町、バーミヤン」

 だ...


 幸いに到着した日は快晴、早速バス停を確認し安宿に泊まり翌日の出発を待つ。

 しかし、その翌朝...







 「雪...」





 結局この後の3日間、天候は回復せず、毎朝雪に遭い、カブールからバーミヤンへの道は悪路と化してしまったためにバーミヤン行きは断念...


 ペシャワールへ戻ることとなった...



 確かに第一の目標は達成できたからまあクリアーしたと言っても良いが...やはりちょっとは残念だった...











 えっ?タイトルと内容が何の関係も無いって...???




 タイトルは

 「何となく面白そうだから、ただ付けてみたかった」

 だけである...





  • What’s new?(2021.01.22)

    2007年時の旅行記録「西域見聞録」に新記事
    2021.01.23
    古都・長安(西安:中国)New!
    2021.01.18
    魔都(上海:中国)New!
    2021.01.12
    出航(神戸:日本→上海:中国)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ