不思議の島・ソコトラアイランド(ソコトラ島:イエメン)

話はひょんなことから始まった

サナアについた初日、宿泊したマナハホテルに貼ってあった張り紙、正確な文句までは忘れてしまったが

「ソコトラ島ツアー・メイト募集中」



 そこに貼られていた一枚の気の写真、人間の血管の様に幹が絡まった奇想天外な植物、名前は「竜血樹」というらしい。

竜血樹!!




 摩訶不思議なこの樹には多少そそられることはあった物の、本来この私は「プロフェッショナル」として「各都市の狙撃」を主任務とする為に、島にはそれほど興味が湧かなかった。
 しかしながらその後出会った人々や、また、何よりもソコトラへ行きたいと言う主催者の女性の熱意に影響され、「一人の人間がここまで憧れ言ってみたい土地」に次第に興味を示すようになり、最後に航空券の値段が往復(厳密にはサナア→ソコトラ、ソコトラ→アデン)で150US$ちょっとだったことが私の背中を後押しし、行くことを決意するにいたった。


 集まった人数は女性3名、男性2名の日本人に”日本国籍のパスポートを所持する私”の合計6人、今回も前回のシャハラツアーと同様に「スリップストリーム旅行法」を用い、全てをお任せモードにしてただ行くだけと願ったりかなったりの立場を手にして「のほほ~ん」と主催者に身を任せていた。



 ソコトラ島についた初日、早速綺麗なビーチをみてはしゃぎまわり、2日目にはお目当ての竜血樹、写真で見ていたときから気に入っていたので、大満足である。枝の中に入って登ってみたり、写真を撮ってもらったりしながらこの「憧れの竜血樹」を十分に堪能する。またスコトラ島はこの他にも世界でソコトラ島にしか生えていない独自の植物種が多数あり、見るもの見るものが目新しく、私に新鮮な衝撃を与え続けていた。



 3日目は保護区に行ってまた違う種類の竜血樹を見たあとでダイビングスポットにいってシュノーケリング、色とりどりの熱帯魚を身近にみてもうお腹一杯!!ソコトラ最高!!となっていた。



 しかし物語りはここで終わらない、ソコトラ島を完全に楽しんだ筈の私にまたしても新たな衝撃が走りよる。


 島内の見場所を殆ど網羅し、もう全ての見所が終わったと思い込み、呑気にホテルへ4WDで戻っていく途中に目にしたものは…



「流血樹….!!」



 どうやらこの樹は上についている長い砲身から玉を出して色々なものを破壊できるらしい…、もう樹齢を重ねて動くことは出来ないだろうが、それにしても…


 こんな摩訶不思議な樹までこの島に棲息しているとは….


 ソコトラ島の本当の姿、このデューク東城をもってしても見抜けない恐ろしさを持った島であった…





  • What’s new?(2018.04.19)

    旅行休止期間中につき、しばらくは過去のまとめでお茶を濁しながら記事のアップを続けます

    「東欧見聞録」に新記事
    2018.04.19
    総本山と曲がり角(エステルゴム/ヴィシェグラード:ハンガリー)New!
    2018.04.10
    シルクロードを伝わって・・・(ホーロッケ―:ハンガリー)New!

    今年の旅に向けて動き出します
    「謎の日常」に新記事
    2018.04.12
    フォースミッション・サードストーリー準備開始!(千葉:日本)New!

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ