三大瀑布の最後(ナイアガラ・フォールズ:カナダ/USA)

カナダ アメリカ国

トロント(カナダ)→ナイアガラ・フォールズ(カナダ/アメリカ)

カナダ基礎データ(2019外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積:998.5万平方キロメートル(ロシアに次ぐ世界第2位,日本の約27倍)
2.人口:約3,789万人(2020年1月カナダ統計局推計)
3.首都:オタワ(人口約99万人)、最大の都市はトロントで約273万人
4.民族:アフリカ系(90.6%),欧州系白人(4.7%),混血(2.1%),その他
5.言語:英語,フランス語が公用語
6.宗教:国民の3分の2以上(67.3%)がキリスト教徒(国民の約39%がローマ・カトリック),約2割(23.9%)が無宗教(2011年カナダ統計局)
7.通貨:カナダドル ※1CAD(カナダドル)≒85円で計算。(換金レート考慮し、さらに分かり易くするためやや割り増し。キャッシュカードでの引き出しは手数料込みで換算して約83円だった)

USA基礎データ(2019外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積371.8万平方マイル(962.8万平方キロメートル,50州・日本の約25倍)
2.人口:3億2775万人(2018年5月 米国国勢局)
3.首都:ワシントンD.C.(人口約60万人)
4.民族
5.言語:主として英語(法律上の定めはない)
6.宗教:信教の自由を憲法で保障,主にキリスト教
7.通貨:アメリカドル 1USD=100C(セント) 1USD≒115円で計算。(換金レート考慮し、さらに分かり易くするためやや割り増し。クレジット払いで計算すると実質113円程度だった)

ナイアガラ・フォールズ地図


 ※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、しばらく経ってから記事を書いているので実際のアップ日は2020.06.18です

2019.06.06(木)

 08:30時
 昨日早く寝た割には起きるのはいつもなりだった。
 レンチンして素早く朝食を摂る。

 09:30時、チェックアウト
 カレッジ駅からサブウェイ(地下鉄)でユニオン駅へと向かう。
 外は昨日とは打って変わって晴天だ。

カレッジ駅周辺。サブウェイでユニオン駅へ


 出発は10:15時
 初日に聞いた通り、事前予約のチケットよりも大分早い郊外列車に乗れたのでラッキーだ。
 近未来的な2階建ての郊外鉄道は、これまでの長距離列車とは趣が異なっていて新鮮な気持ちになる。
 
GO TRAIN  

混んでる時間帯はあるのだろうけど、中はガラガラ。余裕のある作りだった


 11:15時
 1時間ほどで最初の目的地のバーリントンへ到着

バーリントン駅


 ここでバスに乗換だ。
 時刻表を見ると待ち時間は40分、外だと暑いので駅構内で時間を潰す。

 次の目的地はナイアガラ・フォールズ
 過去既にイグアスの滝(南米:過去記事「世界一の・・・(プエルトイグアス:アルゼンチン)」「アンコール・世界一(フォス・ド・イグアス:ブラジル)」)、ビクトリアの滝(アフリカ:過去記事「ビック・フォールズ(ビクトリア・フォールズ:ザンビア)」)を訪問している私にとって三大瀑布の最後だ。
 今日の晴天はこのイベントに相応しい天気だった。

 11:15時、バスは出発。

バーリントン駅のバス停前


 終点が目的地でそこまで2時間ぐらいはかかる。
 寝ても問題なかったが、オンタリオ湖が見え隠れしながら進むバスにテンションは徐々に上がっていく。

車内から


 そろそろ終点に近づきそうな頃、マップス・ミーを立ち上げ眺めていると終点で降りるより、その手前で降りた方が都合が良さそうな事に気付く。

 最後のバスストップがどうなっているかも少し気になっていたが、降りてからアメリカにある宿まで歩いていくつもりだった。
 13:20時、結局、宿に一番近いと思われる場所で途中下車することにした。

途中下車してから国境へ


 ナイアガラの滝が国境に跨る為、ナイアガラ・フォールズという同名の町がアメリカ側とカナダ側にある。

 宿が安く、色々と利便なのはカナダ側であったのでそうしたかったが、この次の目的地はニューヨークだ。
 カナダ側からもアメリカ側からも直行できる鉄道があったが、カナダ側に宿泊すると、朝早く鉄道駅に行って、乗ってからまた国境越で待ち、アメリカ側で客を乗せてから向かう事になる。そんな面倒な手筈ならアメリカ側で乗った方が合理的だ。
 それにレインボー・ブリッジ付近のカナダ側のホテルを取って、朝少し早起きして陸路で国境を越えてアメリカ側の鉄道駅に向かうのも一つの手だったが、国境でトラブったらその場で詰みだ。

 こうして色々と考えた結果、アメリカ側のモーテルを予約していた。

カナダ側国境


 通行料はカナダ側からアメリカ側に入る時のみ、1CADか1USD。
 相場から明らかにCAD払いがお得だ。

 レインボー・ブリッジにはいると直ぐに滝が見えてくる。
 いきなりのクライマックスだ。
 いきなりステーキだってここまでいきなりでは無いだろう。(※まだ行ったことはありません)

レインボー・ブリッジ。アメリカ滝(下段左)とその奥のカナダ滝(下段右)
ちなみにアメリカ滝は下段左の手前側の大きなエリアで
ちょっと途切れた右側の狭い滝はブライダルベール滝と別の滝


 また後で来る。
 これは確定した未来だ。
 ただ初見に勝る程、良いと思えるか?
 中々そうはいかないだろう。
 まだ荷物を背負って重い状態ではあったがじっくりと眺めながら渡ることにした。

 なお、ちょっとくどいが、感動と敢えてかかずに良いと表現したのには理由がある。
 ナイアガラの滝は三大瀑布と言っても所詮その第3位、既に1,2位を眺め終え、かつ今回の初見も遠間からだったので良いけど感動するほどでは無いなと感じてしまったからだ。

 ただ勿論テンションは上がっている。
 記憶にある限り4thミッション最初の、そして10年ぶりの陸路国境越えだ。
 中々自分の写真を残さない私ではあるが、折角の記念とばかり、国境プレートの近くでしばらく待ち、たまたまこちらに写真撮影をお願いしてきたインド系の家族の男性に私も撮ってとお願いする。
 ただ、あちらはこういったことにあまり慣れていないのか?
 滝を綺麗に外された、橋から町を背景に映した写真が私のデジカメの中に残っていた。

 一瞬「えっ!なんでっ!!」と微妙な殺意を覚えたが撮り直させる物でも無いし、またほかの人を待ってまた撮って貰うのも面倒だ。
 時は全てを解決する、これが良い思い出と言える日もいつか来るのだろう。 

国境のプレート


 アメリカ側に入り簡単な審査で入国。
 またそこから少し離れたモーテルへと向かう。

 宿に関しては事前にひと悶着があった。
 予約サイトブッキング・ドット・コムで見つけたキャンセル無しの格安プロモーションのホテルが、出国後しばらく経って改装の為に泊まれなくなり、料金変更無しでこちらにと案内された宿はこちらの条件には合わなかった。
 そこでそれを断り、40ドルくらい高くなる別の宿に変えていた。
 明日の出発を考えると仕方無い選択肢だったが、サイトの紹介とは別の宿(予約サイトは同じ)にしたので差額分はこちら持ちだろうとちょっとガッカリしていた。
 ※その後、メールでやり取りしたら、差額分は先方が払ってくれた。期待してなかった分、この良心的な対応に感謝だった。

 14:20時、パスポート・インに到着。受付に誰も居ない。
 『・・・』
  チェックインの時間を確認すると15時、ちょっと早く着き過ぎていたようだ。
 こんな事ならバス停の最後まで見届けても良かったと思ったが、ここまで来た以上は待つの一手以外にやれることは無い。

 所在無さげに日陰に腰掛けて少しボーっとしていると14:45時、15時になる少し前に赤いアウディに乗った若い女性が到着する。
 受付のお姉さんだった。
 
 一応2階が空いているか聞いてみたが残念ながらフルらしい。
 ただ直ぐにチェックインさせてくれたのは有難かった。 

パスポート・イン


  この如何にも旅行者が泊まりそうな名前のモーテルは、人通りの物こそ揃っている物の、112USD(約13000円)とそれなりの値段の割には部屋は古びていた。
 1時間くらい歩いて辿り着いたこの宿で、少しのんびりしたくもあったがここは今日だけで明日の朝には出発する。
 15:00時、荷物を置いて直ぐに外に出る。

 宿泊がアメリカ側だという単純な理由だけでは無かったが、取り敢えずアメリカ側を北から南、ホテルに近い所から遠い所へ順に訪れる事にする。

 最初に訪れたのは「Observation Tower」日本語にすると「展望塔」と直球過ぎる名前の場所だ。

アメリカ側の国境を越え、滝へ。中段が展望塔


 なお、余談ながらナイアガラの滝は他の2つの瀑布と異なり、世界遺産に登録されていない
 諸説あるが、滝の周辺が観光客用に開発され娯楽施設が多く、自然が損なわれているかららしい。
 ただ三大瀑布の一つであることに違いはない。
 時間の限り観光するのが旅行者のやるべき事だ。

 展望塔のエリアに入りエレベーターで降りる。
 そこから階段を上りアメリカ滝を下側から間近に眺める。

アメリカ滝を横から見て


 正直に言って以前に見たイグアスやビクトリア程では無い。
 ただ記憶はもう曖昧ながら、両方ともそこそこの入園料を払っていたはずだ。

 ここはこれがたった1.25USD(約140円)。
 そう考えると滝のショボさよりもお得感が勝っている。
 
 満足だった。

戻って来た展望塔の上側。中段左はアメリカ滝、右がカナダ滝


 ただ満足してもここでじっとはしていられない。
 まだまだ訪れる場所は一杯あるのだ。

 こんどはアメリカ滝を上から眺められるプロスペクト・ポイントを目指す。

プロスペクト・ポイントから滝の北側から眺めて


 そしてそれを通り越してルナ島へ

ルナ島へ

今度はアメリカ滝を南側から

アメリカ滝(中段右)とブライタルベール滝(中段左)、ルナ島はその間にある


 観光は一度始めたら立ち止まってはいけない。
 時間は有限だ。
 
 感情を殺し、訪れるべき場所をただ機械的に次から次へと巡る。

ルナ島を越えさらに南側のゴート島へ


 メモリーは時間と共に色褪せるが、メモリーカードは永遠で、脚色されることも無い(※フォトショップなら出来ます)。
  旅行は記憶より記録だ。

ゴート島を南に下りカナダ滝が見えるテラピン・ポイントへ


 時刻は16:15時
 これでアメリカ側から見えるポイントは全てOKだ。
 日没を考えると時間の余裕は十分だ、このまま戻っても面白くないのでゴート島を反時計回りに一周することにした。 

ゴート島を反時計回りに


 周辺ののどかな景色から、近くに瀑布があることを忘れそうだ。
 だが、川を越える時に下流側を見ると水飛沫が上がっている。
 やっぱりここは滝なのだ。
 
ゴート島

滝から一番離れた島の裏側辺り。川の流れも近くに滝がある事を忘れさせるほど穏やか

ゴート島からアメリカ側の国境へ


 17:15時、アメリカ側からレインボー・ブリッジに入る。

本日2度目の越境


 滝の形状と国境の作りから、アメリカ側からだと滝は横からしか眺められない。
 カナダ側ならアメリカ滝もカナダ滝も正面から見据える事が出来る。

カナダ側から見たアメリカ滝とカナダ滝


 なのでナイアガラの滝をどちらからしか見れないのなら、間違いなくカナダ側からの一択だろう。
 そう、メインディッシュは泊まっているアメリカ側ではなく、このカナダ側なのだ。

クイーン・ビクトリア公園をカナダ滝を目指して北上


 17:45時
 カナダ滝間近のテーブル・ロックに到着。

テーブル・ロックから眺めたカナダ滝


 これで歩いて周れる、滝の観光スポットは制覇した。
 ただ、カナダ側では別に惹きつけられている見所があった。
 川から離れてその場所を目指す

テーブル・ロック・センター

さらにフォールズ・インクライン・レイルウェイで街中へ


 目指したのはガイドブックを読んだ時から絶対に行くと決めていたスカイロン・タワー
 滝を見下ろす地上160mの展望タワーだ。

 近くのチラシの割引券で1CADの割引、それでも15.08CAD(約1300円)なので決して安くはない。
 ただ、滝に近づくフェリーとかに乗るより私の好みにはこちらが合致する。
 そもそも私は高い所から全体を見下ろすのが好きな「全景マニア」なのだ。
 
スカイロン・タワー

上から見るとアメリカ滝、ブライタルベール滝の境目がよりはっきりわかる。


 19:00時。
 このまま日没から夜景まで粘るなら、まだ2時間以上観光し続けないといけない。
 それに明日の出発も早い時間だ。
 そしてモーテルを出てからずっと歩いているからお腹も大分空いている。

ビクトリア・フォールズ、カナダ側の街並。アメリカ側より都会


 観光マシーンと呼ばれるこのプロフェッショナルだが、マシーンも燃料が尽きれば停止する。
 それがもうそろそろだった。

 残念ではあったがこのまま粘る事を諦め、アメリカに戻る事にする。

 少なくとも見れる物は全て見れたから良しとすべきだろう。

カナダ側からアメリカへ

ようやく国境プレートをアップで撮影


 マップス・ミーで調べたら宿の結構近くにセブンイレブンがある。
 ここにしようと立ち寄ったらワシントンでも味を占めていたピザがある。
 夕食はこれで決まりだ。

 そして宿に着いたのは20時だった。

ピザの他に


 人間現金な物で夕食を摂り腹が満たされるとまたやる気が復活し、このまま終わりで良いのか?」と心の中で疑念がもたげてくる。
 いつの間にか時刻は21時、サンセットはゲームセット
 戻って来たモーテル。
 夕日が見れないのに夜景だけ見に行くのか?
 心の中のリトル・東城に聞いてみる。
 問いかければ、こう答えると決まっている筈の回答で決心する。
 「 ここに来るのは一生一度、行けるのなら見に行こう
 と・・・

21時過ぎ、モーテルを出てまた国境へ


 アメリカ側のスポットだと横からになるのでイルミを見るならカナダ側一択だ。
 本日4回目の越境をする。

 クイーン・ビクトリア公園をテーブル・ロックを目指し南下する。

カナダ側から滝を眺めて


 22時の10分前、テーブル・ロックに到着
 
テーブル・ロック付近から

 
 単色だったイルミネーションが途中から虹色も混ぜてくる。
 夜なのに観光客も多く、イルミが変わる度に歓声が湧き上がる。

レインボー色



 これで思い残す事は無くなった。
 22:30時、カナダ側国境へまた戻ってくる

カナダ側国境


 余りのカナダドルが75セントしかなく、1ドルの通行料に足りなかったがアメリカドルを混ぜてもOKなのに助けられ、25アメリカセントと合わせ技で1ドルにして事なきをえる。

レインボー・ブリッジから


 橋を5度渡り、本日3回目のアメリカに入国。
 イミグレーションでなんでこんなに往復してるの?と聞かれたが、滝の夜景を見に行ったと言ったらすんなりと納得された。

 そしてなんだかんだで宿に着いたのは23時

アメリカに入国して宿まで。


 着いてからずっと歩き、十分に疲れ果てている筈なのに直ぐには眠れない。
 ふと歩数を調べると4万歩を越えている。
 疲れ過ぎて覚醒してしまったのだろうか?

 ただ三大瀑布制覇は一つの区切りだ。
 それを夜景までやり切ったので、十分に満足だ。

歩数計


 そんなことを考えながらも結局寝れず、朝5時になると諦めてこのまま準備してモーテルを出ることにした。






  • What’s new?(2020.09.20)

    13年の時を経て「東欧見聞録・南アジア編」に
    2020.09.20
    悟りの地(ブッダガヤ:インド)New!
    2020.09.09
    3度目のインド(コルカタ:インド)New!
    2020.09.06
    ロケット・スティーマー(ダッカ:バングラデシュ)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ