狙え!サンセット!!(トリヴァンドラム/コヴァーラム:インド)

インド

コロンボ→トリヴァンドラム⇔コバーラム

基礎データ(2019外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積:328万7,469平方キロメートル※日本の約9倍、インド政府資料:パキスタン,中国との係争地を含む。(2011年国勢調査)
2.人口:12億1,057万人(2011年国勢調査)
3.首都:デリー
4.民族:インド・アーリヤ族,ドラビダ族,モンゴロイド族等
5.言語:連邦公用語はヒンディー語,他に憲法で公認されている州の言語が21
6.宗教:ヒンドゥー教徒79.8%,イスラム教徒14.2%,キリスト教徒2.3%,シク教徒1.7%,仏教徒0.7%,ジャイナ教徒0.4%(2011年国勢調査)
7.通貨:インドルピー 1Rs=100P(パイサ) 1Rs≒3円で計算。(実際は2.75程度)

※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、帰国後10年以上経てから記事を書いているので実際のアップ日は2019.03.11です。


2007.04.15(日)

 10:30時、トリヴァンドラムへ到着。
 またインドに戻ってきた。

トリヴァンドラム到着前


 約1時間のフライトなのでやけにあっけない。
 空港について免税店を除くと銘柄は違うがベンソンアンドヘッジスが12USDとスリランカのゴロワーズより5USDも安い。
 これでまた折角離れたあの国を、また一つ嫌いになった。

 空港を出てリクシャーを50Rsで乗り、市バスのスタンドへ向かう。
 そしてそこから向かったのはトリヴァンドラムではなく、やや南にあるコヴァーラムという街だった。

トリヴァンドラム国際空港


 バスで約1時間ちょっと、コヴァーラムに到着する。
 ただ、南インド最高のビーチと称されるここにやってきたのはそのビーチを堪能する為ではなかった

コヴァーラム・ビーチ


 狙っているのはただ一つ、サンセット
 南インド、モルディブ、スリランカと敗戦続きのこの戦いにここでケリをつけるつもりだった・・・

 そうは言いつつ、リゾート気分も味わいたいのでプラネット・レインボー・ロッジのロッジに500Rs(1500円)から300Rs(900円)に値切り宿泊する。
 シャワーこそ水だが、トイレもテレビもついているのでお得だろう。

プラネット・レインボー・ロッジ


 モルディブ、スリランカの旅の疲れを癒すという名目で、夕方まで部屋とネットカフェでダラダラと過ごす。
 満を辞してビーチに出たのは17:30時を過ぎてからだった。
 
コヴァーラム・ビーチ


 大勢の人で賑わうビーチの向こうに見える夕日に何か嫌な予感がする。

 一瞬雲の下に日が覗き、『もしやっ!』と期待させたが結局また水平線より先に雲に隠れて消えてしまう。
 サンセットとの戦いは今日もまた敗戦だった・・・

サンセット


 夜はチキンフライドライスを野菜抜きとコーラとアイス。
 明日をどうするか、まだ決めかねていた・・・

ロッジの夜


2007.04.16(月)

 11:00時にのんびりと起きて朝食のセットを食べる。
 12:00時、荷物を預けてそのままネットカフェに6時間入り浸る。

ロッジの部屋と犬


 トリヴァンドラムの出発は明日、鉄道のチケットは既に買っている。
 今後はタイトな日程が続く中、インド南部で夕日が見れるチャンスは今日だけ。
 ここで夕日の時間まで粘ってからトリヴァンドラムに行くことにしたのだ。

コヴァーラム・ビーチ


 遠くに雲があり、一旦そこに隠れてからまた水平線との間に現れる。
 昨日と同じシチュエーションに今日もまた空振りかという想いが頭によぎる。
 しかし最後まで見届けなければ納得はしなかった。

 そして18:30時
 粘った甲斐があったのか?積年の想いが実り、ついに水平線に沈む夕日がくっきりと・・・

沈む夕日



 『・・・』

 『・・・・・・』

 見たかったのはこれだった・・・

 勝利のペプシを1本、15Rs(45円)で飲み干し、満足して19:30時の市バスでトリヴァンドラムへ移動する。

 20:00時、トリヴァンドラムに到着。
 以前泊まってホテル・リージェンシーへ向かう。
 モルディブ、スリランカと行く間に預けていた荷物の管理は完璧で満足だった。

 一旦市内の夜景を見て、またホテルに戻って夕食を摂る 

トリヴァンドラムの夜景

左端:デザートのアイス?。中:マレーで買ったカート、右:モンゴルで買ったインナー



2007.04.17(火)

 朝はのんびりと11:00時に起きて朝食を摂る。
 出発は夜なのでまたネットカフェで時間を潰し、夕方に街を少し散策する。
 
トリヴァンドラム市街

バドマナーバスワーミ寺院


 24時間システム(チェックインした時間から24時間)のホテルのお蔭でチェックアウトは19:30時。
 昨日400Rs(1200円)と調整したはずが40Rs不足と言われ少し揉めるが結局最初の言い値に落ち着く。
 個人的には先払いして領収書の方がこういったトラブルを避けるのに都合が良いのだが、それはその国のシステム次第なのでこちらの思惑通りに常にいかないのが難点だった。

 駅でペプシを飲んで20:30時、トリヴァンドラムを出発する。

トリヴァンドラム鉄道駅


 Incredible! India!!(信じられない! インド!!)
 
 これからの旅程は内陸部を通り、東側の海岸に出る。
 そう考えると最後の最後にコヴァーラム・ビーチで夕日を眺められたのはIncredible!なラッキーさだったと言えよう・・・
 






  • What’s new?(2019.08.14)

    「謎の日常・4th4th_北米カリブ海編」に
    2019.08.14
    181ヶ国目はジャマイカ(ワシントンD.C./USA→キングストン/ジャマイカ)New!
    2019.07.29
    ミュージアム・ミュージアム(ワシントンD.C./USA)New!
    2019.07.23
    プラス・アルファ(ワシントンD.C./USA)New!
    をアップ

    見聞録シリーズの更新は帰国して次の旅行記事が終わってからなので当分先になる予定です

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ