世界遺産の石窟寺院(アジャンター:インド)

インド

ジャルガウン→アジャンター→アウランガーバード(全てバス移動)

基礎データ(2018外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積:328万7,469平方キロメートル※日本の約9倍、インド政府資料:パキスタン,中国との係争地を含む。(2011年国勢調査)
2.人口:12億1,057万人(2011年国勢調査)
3.首都:デリー
4.民族:インド・アーリヤ族,ドラビダ族,モンゴロイド族等
5.言語:連邦公用語はヒンディー語,他に憲法で公認されている州の言語が21
6.宗教:ヒンドゥー教徒79.8%,イスラム教徒14.2%,キリスト教徒2.3%,シク教徒1.7%,仏教徒0.7%,ジャイナ教徒0.4%(2011年国勢調査)
7.通貨:インドルピー 1Rs=100P(パイサ) 1Rs≒3円で計算。(実際は2.75程度)

※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、帰国後10年以上経てから記事を書いているので実際のアップ日は2019.01.20です。

2007.03.21(水)

 今日の最終的な目的地はアウランガーバードだったが、途中にある世界遺産のアジャンター石窟群を行き掛けの駄賃に観光してから向かうつもりだった。

 ジャルガウンのホテルを仙石氏と一緒に06:30時に出てリクシャーでバス停に向かい07:00時発アジャンター行のバスへ乗り、08:10時に到着。
 さらに09:00時発のシャトルバスに乗り換え、アジャンター石窟群に09:10時到着。 

上2段:ジャルガウン→アジャンターへのバス、厳重!。下段:シャトルバス(有料)


 アジャンターは1983年、インドで最初に世界遺産に登録された4件の内の一つであり、勿論インド有数の文化遺産でもあるのだが、まさかシャトルバスまで完備されていたのは驚きだった。

 そして最早驚きではなくなったお約束の外国人料金の入場料5USDを払って早速中に入る。

 入口側から第1窟から第28窟となっていて、ガイドブックを見ながら順番に攻めていけるので効率的だ。

アジャンター石窟群。第1窟から


 ここを有名にしているのは紀元前1世紀と紀元5世紀の仏教壁画だ。
 インドの絵画は高温多湿な風土な為、殆ど残っていないが、ここは例外的に良好な状態で残っている物の内の一つだった。

第4靴から。上段を見ると分かるように入口の左に何窟か示すプレートが嵌っている。


上段左:第7窟入口の千仏、右:釈迦像。中段:第9窟、第10窟、下段:第12窟



上:未完成な第24窟、下2段:第26窟


 石窟を全て見終え、展望台へと向かう。

 上で物売りがミニコーラを売っていたので値段を聞いたら20Rs
 遺産内なので市価より高いのは分かるが倍以上になっていたのでそれならいいやと渋り10Rsなら買うよと言ったら、あまり観光客も居なかった所為か?その値段で売ってくれる。
 いくらインド人相手とは謂えども、ちょっと値引き過ぎてしまったと思うあたりは、私にまだ良心が残っている証左なのか?それともインドにまだ慣れていないのか?それは分からないままだった・・・ 

展望台へ



 入口には13時に戻って来た。
 荷物預かりも4時間までは4Rs(ミニバックも預けたので計8Rs)なので丁度都合よく見終わった感じだった。

 シャトルでアジャンターに戻り、次の目的地で通常はアジャンター行の基点となるアウランガーバード行のバスを探すと、ツアーバスの運転手がこれから戻るので70Rsでどうだ?と、持ちかけてくる。本当かどうか知らないが公共バスは72Rsらしい。
 『それじゃあ損じゃないの?』
 と、聞くと。単純な事で、我々を乗せた分は会社に内緒でドライバーのポケットマネーにするという事だ。

 ツアー会社は得しないが、ドライバーと我々だけを考えれば俗にいうウィンウィンの関係なのでこの話に乗ることにした。

ツアーバス


 1時間半程待った15:20時、ツアー客が戻るのを待ってバスは出発。
 17:20時にアウランガーバードに到着。

 18:00時、仙石氏とホテル・デヴプリヤのツインに150Rs/1人宿泊を決め、レストランでマトンカレーを食べて一日を終える。

アウランガーバード



 Incredible! India!!(信じられないインド)
 アジャンターの石窟群は確かに凄かった。
 だがまだもう一つ、アジャンタークラスの石窟群がこの近くにあるというのがIncredibleだった。






  • What’s new?(2019.02.18)

    「東欧見聞録・南アジア編」に、2007年次の記事
    2019.02.18
    スリランカ最古の都(アヌラーダプラ:スリランカ)New!
    2009.02.16
    究極の贅沢とは?(マレ:モルディブ)New!
    2019.02.12
    インド最南端行(トリヴァンドラム/カニャークマリ・インド)New!

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ