いままで数多くの国、数多くの両替屋や銀行を利用してきたが・・・

全く信用できないという事ではここが群を抜いた素晴らしさを発揮する。

先ずウズベキスタンの現在の最高額紙幣が1000ソム(約100円)であり、10000円両替したら100枚自動的に持つ羽目になる不自由さに加え、銀行であってもこの1000ソム札を切らしてしまい500ソム札(移動的に2倍の枚数になる)で手渡すときも多く・・・



この札束の多さを「有効的かつ効率的に利用」して・・・



普通の銀行や両替商は言うに及ばず


この国No.1の筈の国立銀行でさえも・・・

それに高級ホテルに併設されている両替商まで・・・



隙あらば・・・



こちらに全く隙がなくてもかなりの高確率で端数のお札を渡そうとしない事は勿論の事、この最高額紙幣(大体は1000か500)の札まで数枚抜いて渡してくるのだ・・・



その悪辣さはむしろ清々しささえ感じさせてしまうほど!!




ここでは100枚に帯止めされた未開封の札束すらチェックしなければならない!!

帯止めされている札束ですら・・・始めから枚数が少なくなっている可能性が高いのだ!!



絶滅危機に?をつけたのは正常化する可能性を考慮したからだが・・・


私は「ウズベク人」を信じている・・・


このある意味国家ぐるみ、街ぐるみの「犯罪」と言って良いこの手口が・・・



絶滅などせずに「この腐りっぷり」が未来永劫に続いて行く事を・・・!!


写真はサマルカンド最高級のプレジデントホテル、こんな1級ホテル(ちなみに4ツ星)ですら・・・両替では信用できない・・・

  • What’s new?(2017.07.24)

    2017.07.24
    「東欧見聞録」に新記事
    針路は東(ウィーン:オーストリア)New!
    2017.07.16
    西側突入(ウィーン:オーストリア)New!

    2017.07.04
    ようやく10年以上前の過去に着手します。ただこちらはのんびりです。

    Facebookはこちら
    東城 皇司

    現在スマホ対応が不可につき、PCのみでの閲覧となっております。ご容赦下さい

  • G-Category

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ