インド

カジュラーホー→ボーパール⇔サーンチー

基礎データ(2018外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積:328万7,469平方キロメートル※日本の約9倍、インド政府資料:パキスタン,中国との係争地を含む。(2011年国勢調査)
2.人口:12億1,057万人(2011年国勢調査)
3.首都:デリー
4.民族:インド・アーリヤ族,ドラビダ族,モンゴロイド族等
5.言語:連邦公用語はヒンディー語,他に憲法で公認されている州の言語が21
6.宗教:ヒンドゥー教徒79.8%,イスラム教徒14.2%,キリスト教徒2.3%,シク教徒1.7%,仏教徒0.7%,ジャイナ教徒0.4%(2011年国勢調査)
7.通貨:インドルピー 1Rs=100P(パイサ) 1Rs≒3円で計算。(実際は2.75程度)

※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、帰国後10年以上経てから記事を書いているので実際のアップ日は2019.01.17です。

2007.03.19(月)

 カジュラーホーを出発したデラックスタイプを自称するおんぼろバスは、それなりに順調に進んでいく。
 今回も仙石氏と一緒だ。

夜間


 そしてまだ夜も明けぬ05:00時、地方都市のボーパールへ到着。
 1時間ほど待って06:00時、サーンチーへと向かい08:00時に到着。

サーンチー行


 お目当てはほぼ完全な形を残す、世界遺産のアショーカ王のストゥーパ―(仏塔)だったが、それ以上にここはインドにありながら「平和な気」に満ちているというガイドブックの記述がここに寄り道した理由だった。

サーンチー。下段左が第3搭、右が第1搭


 穏やかで人の殆どいない平日の朝。
 入場料はお馴染みの外国人料金で5USD、早速の国を上げてのボッタクリシステムに平和から目が覚めさせられる。

大ストゥーパ―第1搭




 完全な形で残っているストゥーパ―を見るのはここが初めてだ。
 辺りの静けさや保存状態の良さも相まって、わざわざボーパールから往復してまで訪れた価値があったと思わせるものだった・・・

上中段:ストゥーパ―第2搭、下段:第1搭

丘からの景色と第3搭


 そう、外国人料金の入場料さえなければ・・・

少し離れた所にある第2搭とそこからの景色


 丘から降りて村中を少し散策する

サーンチー村内


 帰りは列車が動いていたので鉄道にする。

サーンチ駅


 朝早かったこともあり、サーンチーを出たのは10:30時。12:00時には出発したボーパールへ到着。
 
 ここで少し待ち13:30時発ジャルガウン行に乗り換える

サーンチー→ボーパール


 窓口だと満席と言われ鉄道チケットは入手出来ず。
 かと言ってここで待つのも嫌なので無理矢理鉄道に乗ってしまう。

 出発してしばらくしてから車内を周る係に、コンパートメントで仲良くなったインド人も交えつつ、『ボーパールで買えなかったから何とかして』と、お願いすると10Rs(30円)の袖の下でチケットを入手する。

 無賃乗車だと当然罰金だの何だので高値にされてしまうので、フェアで無いにせよ、少額で融通を聞かせて貰えたので満足だった。

 ジャルガウンには21時に到着。

車内で買った弁当に到着したジャルガウン駅


 
 ホテルのツインを仙石氏とシェア。
 昨日から24時間以上の移動となっていたのでようやくこれで落ち着くことが出来た。

ホテルから


 Incredible! India!!(信じられないインド)
 移動に次ぐ移動の途中で見たサーンチー
 「平和な気」は感じず、外国人料金の入場料や袖の下で買った鉄道チケットなど、
 「平和無き」観光であった事しか覚えていないのは・・・

 自らの不明の致す所だろうか・・・

  • What’s new?(2020.07.12)

    「謎の日常・4th4th_北米カリブ海編」に
    2020.07.12
    グッバイ、アメリカ!(ニューヨーク:USA→千葉:日本)New!
    2020.07.10
    ラスト・ニューヨーク(ニューヨーク:USA)New!
    2020.07.03
    ニューヨーク・ニューヨーク(ニューヨーク:USA)New!
    をアップ

    見聞録シリーズの更新は帰国して次の旅行記事が終わってからなので当分先になる予定です

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ