グッバイ、アメリカ!(ニューヨーク:USA→千葉:日本)

:アメリカ

ニューヨーク→成田

ニューヨーク:サブウェイマップ+書き込み(MTAネットワーク公式ページより)

※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、しばらく経ってから記事を書いているので実際のアップ日は2020.07.12です

2019.06.11(火)

 朝6時前に起きて冷凍食品をレンチンする。
 窓の外は酷い雨、今日が出発なのにツイてない。

 JFK空港からの出国便は12時発。
 9時チェック・アウトで間に合うが、サブウェイはその前後がラッシュアワー。
 タクシー、シャトルバス等も考えたが、今度は道路が渋滞する可能性がある。

 06:40時
 悩んだ末、混む前に地下鉄を利用することに決め、ホテルを後にする。
 雨はやや弱まっていた。
 差している傘は、これまでの旅で大分ガタついている。
 これでもう不要だと、駅のゴミ箱に捨てた。
 
アッパー・ウエスト・サイドを79番通りへ


 流石にこの時間帯なら人影もまばらだ。
 06:55時、79番通り駅を出発し、07:05時、50番通り駅に到着。
 ブルーラインに乗り換えだ。
 ここは同じ駅なのに一旦地上に出されてしまう。
 外は変わらずに雨、傘をとっておけばと思ったが後のお祭りカーニバルだった。

 07:10時、出発
 各停からある程度進むと急行に変わり、07:50時、エアトレインへの乗換駅であるジャマイカ駅に到着。 
  
乗換の50番通り駅で一旦地上に出て


 サブウェイカードはここまでで、別途の5USDを券売機で支払い、チケットを買う。

ジャマイカ駅とエアトレイン、券売機は日本語表記あり。


 07:55時、空港へ向け出発。
 
上段と中段左は郊外列車


 最後の最後で初めての交通機関、ちょっとだけ気分は上昇。
 ただこれは終わりの始まりだ。
 もう、マンハッタンに戻ることは無い。

エアトレインの車窓から 


 08:15時
 ターミナル7へ到着。
 ANAのチェックイン・カウンターへ向かう。

第7ターミナルへ


 カウンターは09:00時から。
 早く着き過ぎたので所在無くベンチに座り時間を潰す。
 雨の為レインカバーを付けていたが、それを外すとミレーのバックパックが破れていた。

 ミレー AT 3WAY 40 M10006
 2007年のセカンド・ミッション+ワン、シルクロード行の時に買った物だ。
 フォース・ミッションを開始した2016年以降、全てこのリュックを使っている。

 『買ってから12年・・・、もう寿命だな・・・』

 使い勝手が非常に良かっただけに残念だが、帰国したら処分するしかないだろう。

 09:00時、カウンターがオープン。
 チェック・インはオンラインで済ませているので後は荷物を預けるだけだ。
 レインカバーを被せてきつく締め、破れた所から中の物がこぼれないようした。

 09:30時
 出国審査へ向かう。
 マネーベルトまで見られ、身体をまさぐられたセキュリティー・チェックは厳格だった。

 出国ロビーのデューティー・フリーで土産を探す。
 チョコの詰め合わせの”3箱買うとこの値段”というヤツを選んで会計すると、現金の残りは1セント!
 奇跡だった。 

ANAのカウンター、ミレー AT 3WAY 40 M10006。右下は免税店で購入したお土産


 11:40時、ボーディング
 12:00時、ANA NH9便は予定通りに離陸。

出国ロビーと搭乗から離陸


 上空から離れたニューヨークを見下すと、途端に寂寥感が襲ってくる。
 
 家に帰るまでが遠足なら、そのピクニック・パートは終了。
 99里を持って半ばというなら99里過ぎ
 後はもう戻るだけなのだ。

 今回でアメリカ大陸カリブ海エリアがコンプリート。
 次にここに来るにしても他を終わらせてからだ。
 果たしてそれが一体何時になるのだろうか?
 その日が来ることがあるのだろうか?

 
眼下に広がる風景を雲で見えなくなるまで眺め続けていた・・・

ニューヨークから


 ニューヨークから成田まで約14時間。
 雲の上に出た後は特にやることは無い。
 いつもなら機上は寝てやり過ごすが、今回はそんな気にもならない。
 こんな機会は中々無いので、普段なら全く見ない映画で時を過ごす。 
 オーシャンズ8、メトロポリタン、移動都市モータル・エンジン等。
 オーシャンズ8は昨日訪れたばかりのメトロポリタン美術館が舞台なのでタイムリーに楽しめた。

 途中、機内食のデザートのハーゲンダッツに盛り上がる。
 ちょっとしたリッチさがこれまで利用してきたサードパーティーの航空会社と大手の違いなのだろう。

カナダ上空


 ベーリング海峡を目指してカナダ上空を進む。

 
 それにしても便利な世の中になった物だ。
 私が最初に海外旅行をした時と比べると隔世の感がある。

 昔の旅を知っている者は「昔は良かった」とか「今の旅は物足りない」など言うかも知れないがどうだろう?
 時代や使えるツールで行動半径は変わり、新しい世界が開けていく
 旅の土台が変わっているのだ。

 回顧するより、新しい土台で新しい旅行をすれば未知の苦労に出会えるだろう。
 充ち足りないならそうすれば良いだけだ。

 はと言うと、新しい土台で古い事をやっているだけなので、「旅行が楽になった」だけだ。
 だが、短期旅行しか出来ない今、世界がイージーに周れるならそれに越したことはない

 こうした選択肢が広がるのは、私にとっては有難い限りだ。

 永久凍土の上空は、私にそんなことを考えさせていた・・・
 
カナダ上空から日本へ


 ベーリング海峡を越えて太平洋を大陸沿いに南下する。
 いつの間にか帰路も半分を過ぎていた。

 さらに映画を2本、キャプテン・マーベルとラッシュ・アワー4を見る。
 
 そう言えば映画を最後に見たのは何時だったのだろうか?
 少なくともここ10年で見た本数をこの1回のフライトで圧倒的に上回った事は間違いなかった。

ベーリング海峡→日本


2019.06.12(水)

 往路は国土上空だったが、帰路は洋上となる。

 時差の関係で1日過ぎ、正午を越えて成田が近付く。

 窓越しにあからさまな雨
 『日本でもか』とちょっとうんざりだ。

 14:00時、予定より少し早く到着。

成田上空→着陸


 入国審査と税関を簡単に通過。
 随分とあっさりとした帰国だった。

 本屋へ寄り、隔週のワールド・サッカー・ダイジェストを手に京成線乗場へ向かう。
 スカイライナーを新鎌ヶ谷で降りる、青空が見えていた。
 そして新京成に乗り継ぎ、最寄り駅から歩いて家に到着。
 
 旅行が終わりを告げた。
 
成田空港→新鎌ヶ谷駅


 第4任務第4話。

 10年前の忘れ物。
 アメリカ大陸カリブ海エリアの独立国及びその首都全てを終わらせる旅。

 任務完了・・・


エピローグ


 この記事を上げたのは1年以上過ぎた2020.07.12
 こんなに時間がかかったのは業務多忙に加え、大量に撮った写真の整理に手間取ったからだった。
 
 そして今年は、やり残した南太平洋or東南アジアに行くつもりだったが、想定外のコロナ騒動で海外旅行が出来なくなった。
 とても残念だが、少なくとも去年アメリカ大陸、カリブ海エリアを終わらせられたのはラッキーだったと言えよう。 

 生きていれば自分だけではどうしようも無い何かに巻き込まれてしまう事がある
 ただ一つはっきりとしているのは、どんな結末になるかはともかく、『時間がいずれ全てを解決する』という事だ。
 
 今は雌伏の時を過ごそうではないか・・・






  • What’s new?(2020.10.04)

    13年の時を経て「東欧見聞録・南アジア編」に
    2020.10.04
    彼方、ヒマラヤを望みに(ポカラ:ネパール)New!
    2020.09.29
    聖地巡礼(ヴァーラーナシー:インド)New!
    2020.09.20
    悟りの地(ブッダガヤ:インド)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ