国民の館(文化遺産/ブカレスト:ルーマニア/2006年11月選出)New!

実際のアップは2018.01.08です

 

ルーマニア

ブカレスト


2006.11.07狙撃

 「国民の館」

 1989年、ルーマニア革命で処刑された独裁者、故チャウシェスク

 その私利私欲の権化と言えるこの「国民の館」

 ブカレストの新市街はかなり大げさな建物で溢れているのだが、中でもここはペンタゴンに次ぐ、単一の建物としては世界第二位となる馬鹿デカさを誇る。

 日本円にして当時1500億円投じた未完の宮殿。地上8階、地下5階で地下最下層はお約束のシェルターになっていて、部屋数は3107にものぼる。そして名こそ「国民の」とついているが、この建築の為に国中から資源を集めて贅を尽くし、その所為で国民は飢餓を強いられるという矛盾を内包している。

国民の館。テラスから見る正面の通りはパリのシャンゼリゼよりも1m広く、戦車が地下を走れる。



 その資格の無い者が巨大な権力を手にしたらどうなるか?
 そんな疑問の一つの回答がここにある。

 「国民の館」、ブカレストでは何はさておいても見逃すことのできないポイントだろう・・・

夜景






  • What’s new?(2018.05.13)

    今年の旅に向けて動き出します
    「謎の日常」に新記事
    2018.05.13
    出国前夜(日本)New!
    2018.05.11
    スモーカー改め・・・(日本)New!

    旅行休止期間中につき、しばらくは過去のまとめでお茶を濁しながら記事のアップを続けます

    「東欧見聞録」に新記事
    2018.04.19
    総本山と曲がり角(エステルゴム/ヴィシェグラード:ハンガリー)New!
    2018.04.10

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ