Category: G情報

ヨルダン情報(2006/5/10-16)


1:VISA:サナア(イエメン)にて取得。発給日より1ヶ月有効ビザ、無料、要写真2枚、パスポートコピーとイエメンのビザのページのコピー、即日受領(私の場合は2時間待)。
注:国境、空港等で日本人は現在無料で取得可能の為に必要はないが、サウジビザの取得の為に事前に出国先のビザが必要となり、イエメンで取得した。尚、出国税あり。

2:両替情報:(通貨はヨルダンディナールJDにて表記、補助単位はFilsで1JD=1000Filsだが、旧単位のPiastre(100Piastre=1JD)という表現も良く利用されているので注意が必要)、文中では小数点以下3桁(1.500JD=1JD+500Fils)で統一して表記する。
空港、アンマン市中にてATMあり、レートは1US$=0.700JD、100JPY=0.590JD、1ユーロ=0.870JD。

3:経路情報

3-1:Sana’a→Sharjah(UAE)→Amman(Jordan):AirArabia:185US$:インターネットで予約、要クレジットカード
3-1-1:Sana’a→Sharjah:5/9/1200発→1530着(時差+1hr)
3-1-2:Sharjah→Amman:5/10/0330発→0530着(時差-1hr)
注:Sharjahでは一時出国したが、そのまま出国しないでも良かったかどうか不明、預けた荷物はAmmmanで受け取れるが念を入れてSharjahでチェックインする際に調べてもらった方が無難。
 このルートは週2便あったが、もう一便はSharjahで2泊となっていた。
 詳しくは
http://www.airarabia.com
で調べると良い。

3-2:Amman⇔Wadi Musa:中型バス:2.500JD(大きな荷物は+0.500JD取られる場合あり:料金は要交渉):所要3時間:アンマンはワヘダットBus Sta発

3-3:Jordan→Israel
3-3-1:Amman→King Hussein Bridge Jordan Boader:セルビス:10JD/1台(交渉後)、所要40分
注:バスもあり2JD、出発は0700であった
3-3-2 Jordan Boader→Israel Boader:Jett Bus:2.250JD+0.500JD(荷物代):所要20分
注:チケットをバスの中で購入するが「3JD」と言って来て、「お釣り」と言わないと返そうとしなかったので注意。チケットには額面が記されている。

4:国境情報:ヨルダン⇔イスラエル間はヨルダン側で「出国スタンプ」を貰えない仕組みになっている。



5:都市情報

5-1:Amman情報

A:宿泊:Cliff Hotel:シングル:5JD:ファン付、シャワー、トイレ共用、ホットシャワーは微妙、情報ノートあり、日本人多数、ドミ、ダブル有り。

B:市内交通

 Taxi(黄色)はメーター制で初乗り0.15JD、大体セルビスを一人で借切った場合と同料金になるが荷物等があると足元を見て高く言ってくる可能性が多い。メーターで利用したい場合は作動を必ず確認する事。その他にセルビス(シェアタク)が決まったルートを流している。公共バスも見かけたが詳細は不明。

B-1:空港→ダウンタウンへ
B-1-1:空港→Abudari Bus Sta:エアポートバス:1.500JD:所要約30分
B-1-2:Abudari→ダウンタウン:セルビス(シェアタク):0.150JD:所要約5分
B-2:Downtown→ワヘダットBus Sta:セルビス:0.250JD(メーター制タクシーで約1JD)


C:価格 :コーラ(缶)が小0.150JD、大0.250JD、Copyは0.050JD/1枚

D:通信(ネット):Cliff Hotelから徒歩3分ぐらいの所にSpider Net Cafe:0.75JD/1hr、Cliff Hすぐ近くのWelcome Netは1JD/1hr、何れも日本語読書き可能。

E:地図および観光案内所:Ministry of Tourism:3rdCircleと4thCircleの間で3rdCircleにあるRoyal Hotelの裏手、パンフが貰える。ここまでDownTownからセルビスで0.150JD、他にもJordan Tourism Boardが4thCircleと5thCircleの間(5thCircleに近く、メインストリートより少し奥に入る)にあり、3rdCircleから市バスで0.150JD。ここはDuty Free Shopが隣にあり煙草が安く買える。要パスポートでここでの購入は1回のみなので注意、パスポートの入国スタンプの上に小さい購入スタンプが押される。



F:見所:
F-1:Amman城:Cliff Hから徒歩15分ぐらい、上から「大ヨルダン国旗(相当にでかい!)」や景色が見れる。城の入場は可能だが料金は不明。
F-2:Abu Darwish Mosque:ダウンタウンからセルビスで0.15JD、モスク自体はまあ可愛らしいといった所だがモスクにいたる道中から眺めるアンマンの市街が良い。アンマン城と大ヨルダン旗が重なって見えるポイントが良い。(ちなみにこのポイントはダウンタウンのセルビス乗場から徒歩5-10分程でも行けるので歩いても良い)
F-3:死海:Cliff Hotelでタクシーを頼んで20JD/1台、所要約1時間。尚、アンマンビーチは有料で5JD、他に無料のビーチもある。
尚、クリフでサーメル氏に頼む場合は4人までは1両20JD、5人以上は1人5JDでMax8人と言われたがこのあたりは要確認

G:郵便:日本まで航空便:1kg:約12JD、2kg:約20JDで基本的には1kg:約12JDから1kg毎に約0.7JD加算されていく、約としたのは基本料金に何か少し課金される為に正確な料金が把握出来なかった為である。但し上記の料金は通常の小包で、この他に「スモールパケット」というのがあり、私はパンプレット等を「エアキャップ付封筒(郵便局前の文具屋でA4よりやや大きいサイズが0.950JD)に入れて日本にレジストリで送ったが、約半額(私の場合は2kg:11.500JD)の料金となった。

H:日本大使館への行き方:5thCircleと6thCircleの間から少し奥に入る。市バス(No.26、多分…)で0.230JD、5thCircleでおり、6thCircle方向へ歩き、左手の奥にBristol Hotelが見えたらそこを左折、Bristl Hotelを過ぎて1本目のT字路を右折、少し進んで1本目を右折すると日本国旗が目に入る。隣にサウジアラビア大使館もある。

I:この都市で取得出来なかったVisa
サウジアラビア:日本大使館に行ったついでに寄り、受付(ゲート)でカタールへ抜けるトランジットビザが取得できるかどうか確認したが、「Impossible」と気持ち良いぐらいはっきりと言われた。

5-2:Wadi Musa情報

A:宿泊:Valentine Inn:ドミ:3JD:シャワー、トイレ付、夕食(ビュッフェ)3JD、朝食2JD、
注:人から評判を聞いてここかPetra Gate Hotelに宿泊しようと思っていたが、ミニバスを降りてこの2軒の客引が来ており、先にValentineを見てからPetra Gateを見ると伝えると車の中から中指を突出してきたので結局Valentineへ宿泊した。5人部屋のドミは狭いもののキレイ!!また、Petraへの送迎有り、時間は定時で朝2便、夕1便。
注:Cliffの情報ノートによると双方それほど差がないように思える。この両方の宿は評判が良かったり悪かったりするので最近宿泊した人から現在の状態を確認するのがベターと思われる。それとアンマン行きのバスの値段は間違って(0.500JD高く)教えられた。

B:価格:基本的にアンマンより高い。それに加えて全体的にボッてきて、料金はまちまち、アンマンと同じ値段は出ずにコーラ等で1.5-3倍くらいする。最初にボッてこなかった所でも店員が変わるとボッてきたりするので必ず価格を聞いてから買うこと。

C:通信;市中に3、4軒ネットカフェが有り日本語読書き可能、1.5-2JD/1hrとアンマンの倍の値段

D:地図および観光案内所:Petraの遺跡の入口にVister’s Center有り、地図は貰えるが準備が悪く、3人で英語版1枚(各グループに1枚と言ってきた)のみ最初渡してきた。その後ドイツ語版ももらったが入場に21JDも払わされているとは思えないサービスの悪さ。

E:見所
E-1:Petra遺跡:世界遺産:1日券21JD、2日券26JD、(この他に3日券有り、また学割も有り):Wadi MusaからTaxiで1JD、徒歩で約30分:好みにもよるがポイントだけなら1日券で充分可能
E-2:Petra By Night:12JD:月、木の週2回,2030-2230頃まで:Petraの遺跡の1部を夜キャンドルで灯し幻想的な雰囲気を味あわせるイベント、日程にもよるがタイミングが合えばお勧め!遺跡はインディージョーンズの舞台で使用されたEl Khaznehまでキャンドル(地面の上のみ)で灯される。

F:注意点:「ディス・イズ・ザ・ツーリスティック・プレイス」ともいうべき場所で物価は高く、「スーパーマーケット」も1軒毎に料金がまちまちでボッてくるのが当り前の居心地の芳しくない都市であった。そもそも「ペトラ遺跡自体法外とも言うべき高料金設定」を国家がしており、それにつられて「一般の市民も外国人相手に
法外な料金を設定するのが当然」といった感覚を身に付けてしまっている。ヨルダン最大にして髄一、いや「唯一」といって言い場所なので旅人が訪れることは避けられないが「良心無きチンカス村」なので用事を済ませたらさっさとここを去るのが良いというのが私の個人的な意見である。
 蛇足ながら入場料を考え無ければ「ペトラは凄い遺跡」であると思う。

  • What’s new?(2018.09.16)

  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ