Category: G情報

セネガル(2005/12/28-29、2006/1/5-11、1/17-22)



1:VISA:取得については絶望的、未だに日本人旅行者で取得した者に出会った事がない!但し、VISAがなくても入国、出国が可能(査証相互免除のため)


2:両替情報(通貨は西アフリカせーファーCFAにて表記)


(1)Ziguinchor:VISAリンクのATMあり
(2)Dakar:VISA、MasterリンクのATMあり
(3)Rosso:路上チェンジャー、2350CFA→1000UM
 注:Rossoでいいレートを呈示してくるものは皆イカサマをしようとしてくる。


3:経路及び国境情報

注:Guinea Bissau→Ziguinchorまでの経路はギニアビサウのページを参照

3-1 (セネガル→ガンビア)
 Ziguinchor→Seleti ワゴン改造型シェアタク一人一座席 料金は2200CFA+500CFA(荷代) 12/29/1000発→1200着、道は問題なし、なおミニバスもあり 1700CFA+300CFA

3-2 (ガンビア→セネガル)
Karang→Dakar:ワゴン改造型シェアタク、料金:45000CFA+500CFA(荷代交渉後)、1/5/1200発→1730着、ミニバスもありこちらは2750CFA+500CFA。
Karangのバスターミナルは国境からやや離れたところでバイタク等が声をかけてくるが歩いても20分程度。
尚、ダカールでは市の中心からやや離れた場所に到着、そこからタクシーをハイヤーして1000CFA程

3−3(セネガル→モーリタニア)

A:Dakar→StLouis:乗用車型タクシー、料金3500CFA+500CFA(荷代)
 1/20/1100発→1500着
 他にもミニバスがあり料金は2100CFA+荷代
 DakarのGareRoutierePompieis発、市の中心からタクシーで1000CFA

B:StLouis→Rosso:ワゴン改造型タクシー、料金1750CFA+500CFA(荷代)
 1/22/0800発→0930着

C:Rosso→Rosso(Mauritania):大型フェリー、料金、荷代500CFA又は100UM


4:国境情報
Rossoの路上チェンジャーに注意、イミグレ等は休憩時間(1200-1500)でなければ問題なし



5:都市情報


A:Ziguinchor

(1)宿泊:Hotel Relais de Sanithiaba:屋上のカンプメント、5000CFA、ファン、朝食付、Hotel内のレストランは雰囲気が良く、ピザが私好みで美味しかった!

(2)価格:Tonicが250CFA

(3)通信:ネット屋はあり大体250CFA/1hr前後と安め、日本語は南極星が20min程でダウンロード出来てそれで対応した

(4)見所
Alliance Franco-Senegalaise:カザマンス様式で建築された学校、750CFAでガイド付、チケットは無く何故か絵葉書を貰えたが絵葉書に興味が無ければもっと値切れるのかもしれない。カラフルで見ててとても楽しく満足した。


B:Dakar

(1)宿泊:ChezAntonio:6000CFA、ホットシャワー、トイレ共同、朝食は2000CFA
 

(2)市内交通:
 国内長距離のバスターミナル(GareRoutierePompieis)から市の中心までタクシーハイヤーして1000CFA、空港へは2500CFA-3000CFA
 ミニバスもあったが利用していない。
 市内大型バスは空港から8番で175CFAで市の中心近くへ行く


(3)価格:Cola(瓶)が200CFA

(4)通信:Ali Baba Reataurant前の正面(北)の路地を入りすぐ2階にあるネットカフェで日本語読書き可能(一番手前の一台のみ)、500CFA/1hr

(5)地図:書店などで3500-4500前後で3種類ぐらいから購入可能。お勧めはアルマディ岬すぐ傍のこの国一番のホテルであるMeridean Hotelで無料で貰える絵入りMap、同じ物が書店では2000CFAしていた。

(6)見所

(A)Goree島:往復フェリー5000CFA、とりあえずあまりにも有名な為に掲載したが詳細等はガイドブック等を参照していただきたい

(B)Almadies岬:市の中心からNo.7のバスに乗り(150CFA)途中で降ろしてもらいそこからタクシーで1000CFA。アフリカ大陸最西端の岬といっても特に記念碑がある訳でもなく、厳密に最西端といえる場所は私有地の為に突端までは行けない。このすぐ傍にあるMeridiean HotelはセネガルNo.1のHotelらしいので立ち寄ってみても良いかも知れない。無料でかわいい地図が貰えた。また岬に行く途中にある灯台までタクシーで戻って600CFA、灯台内はガイド(といっても灯台の番人)付で入れる。チップは必要。ここからの景色は良い。

(C)Cap Manuel:ダカール最南端にある岬、市の中心から徒歩で1hrはかからない。No.7のバスでも徒歩10分圏内に終着ターミナルがあるのでそこで降りて歩くのも良し。ここにある灯台にも入場可能でチップを渡そうとしたら一度断られたので無理に少額受け取らせた。ここからの景色も良い。

(7)ここで取得するVISA
CAPE VERDE:2ヶ月有効1ヶ月シングル、21200CFA、要写真2枚、翌日受領。当日受領も可能だが料金が40000CFA以上(細部失念)と異様に高くなる。

(8)郵便:日本まで航空便で2kg(Max)、24950CFA(レジストリ)24150CFA普通、1kgは13500CFAぐらいだった。しっかりと届いた。

C:St Louis

(1)宿泊:La Rose Des Vents:10000CFA、ホットシャワー、トイレ、ファン付

(2)価格:Tonicが225CFA

(3)通信:250CFA/1hrでインターネット可能、日本語は南極星で対応

(4)地図:Syndicat d’Intiativeで3000CFAで絵地図が購入可能

  • What’s new?(2023.01.24)

    「G見聞録」「欧米見聞録」「中米編」に新記事
    2023.01.24
    一瞥の首都(ベルモパン・ベリーズ)New!
    2023.01.18
    B級都市(ベリーズシティ・ベリーズ)New!
    2023.01.13
    メキシコ出国(カンクン:メキシコ)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ