メキシコ

メキシコシティ

メキシコ合衆国基礎データ(欧米見聞録2ヶ国目、新規118ヶ国目:2007-2008年版地球の歩き方「メキシコ」より抜粋し一部加筆)
1.面積:196万平方キロメートル(日本の約5倍)
2.人口:約1億320万人(2002年国勢調査)
3.首都:メキシコシティ
4.民族:メスティソ(先住民とスペイン系白人との混血)約60%、先住民約25%、スペイン系白人約15%(白人の殆どが上流階級、先住民は貧困層が多数)
5.言語:スペイン語
6.宗教:カトリック(国民の約9割)
7.通貨:メキシコペソ(N$)、補助通貨1N$=100センタボ(Centavo)
※記事中は当時のレート、1ペソ≒11円で計算します。
※地名は当時利用していた2007-2008年版地球の歩き方「メキシコ」を基本とします。
※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、帰国後10年以上経てから記事を書いているので実際のアップ日は2022.11.04です。

2008.01.01(火)21日目:世界遺産ソチミルコ観光

12:00 一夜明け2008年が始まった。
 最初の昼食はサンドイッチ(10.5ペソ)、ホットドッグ(13ペソ)にヨーグルト(10ペソ)と変わり映えのない物だった。

12:30-13:00 トラム(2ペソ)でアステカスタジアム

 生まれて初めてサッカーのワールドカップをテレビで見たのが1986年のメキシコ大会
 アルゼンチンが優勝、イングランド相手にマラドーナが神の手と5人抜きゴールを決めたのがこのスタジアムだ。
 ドイツを応援し始めたのもこのワールドカップで、残念ながらこのスタジアムでアルゼンチンに敗退して準優勝だった。
 見学したかったが、新年の所為なのか?それともやっていないのか?
 残念ながら入ることは叶わなかった。

トラムとアステカスタジアム


 さらにトラム(2ペソ)に乗り、世界遺産のソチミルコの1個手前で降りる。
 何か狙いは無く、駅が工事中で閉鎖だっただけだ。

 ソチミルコはアステカの言葉であるナワトル語で「花畑のあるところ」を意味し、メキシコシティが水上都市だった時代の面影が残り、ソカロ周辺の歴史地区とともに1987年に世界文化遺産に登録された場所だ。

付近の教会とソチミルコ

ソチミルコと周辺、ランポーが気に入って。下段は工事中の駅。
 

 ソチミルコ自体は一瞥で十分だ。
 折角世界遺産を訪れているのでアイス(3ペソ)とコーラ(6ペソ)で来た雰囲気だけ味わう。

16:00-17:30 メトロで戻りネット(30ペソ:20ペソ/時間)で時間を潰す。

18:00 夕食はマックのチーズバーガーセットとナゲット(53ペソ)

モニュメントと夕食


22:00 ビール(10ペソ、Colona缶)を飲む

 今日の出費は141.5ペソ(1550円)
 世界遺産1件追加しただけの一日だった。


2008.01.02(水)22日目:チャプルテペック公園近辺

10:20-11:00 アメリカ大使館に訪れ、出国カードを返還 
 キリスト教圏では年末年始で休みになる風習が無く2日から直ぐに官公庁が開いているのが有難い。
 これで国境以来の懸案事項が解消する。
 コピー2枚(:1ペソ)をしてボールペン(10ペソ) を買い、ジュース(10.5ペソ)を飲む。
 ブランチはサンドイッチ(10.5ペソ)とドーナッツ(7ペソ)

11:00-12:00 市内のチャプルテペック公園へ向かい、チャプルテペック城を訪れる。
 城は国立歴史博物館になっていて、メキシコ学生証でフリーになる。

チャプルテペック城。中段右は英雄少年記念塔

国立歴史博物館
 
城はメキシコ革命勃発期にこの国を独裁したディアス大統領の公邸にもなっていた。


 チャプルテペック城は小高い丘の上に建ち、市内の眺望も良い。
市内


 途中でマーブルチョコ(28ペソ)にお菓子(5ペソ)を食べる。

14:00 公園沿いの世界遺産のルイス・バラガン邸は要予約で見学出来ず。
 ※ルイス・バラガン邸と仕事場として2004年に世界遺産に登録
 まだ滞在するので行けたら行くつもりだ。

中段右:ルイス・バラガン邸


15:00-16:30 次は公園内の国立人類学博物館へ。
 これもメキシコ学生証でフリーだ。

国立人類学博物館

上段左:雨神チャルティトゥリクエ(テオティワカン)
右:トゥーラの戦士像。中段:カカシュトラの壁画(トルテカ文明)

中段左:アステカカレンダー。下段左:コアトリクエ像(アステカ)

下段右:踊る人のレリーフ(オアハカ)

下段中:オルメカの巨大人頭像

中段右:パカル王の翡翠の仮面(マヤ)

上段右:チャック・モール像(チチェン・イツァー)


 圧巻だった国立人類学博物館を終え、メトロで戻る。

17:00-19:00 ネット(20ペソ)をして、夕食。
 チキン1/4定食(21ペソ)にコーラ(8ペソ)にチップ(1ペソ)を付ける

 今日の出費は102.5ペソ(1150円)
 メキシコ学生証の威力は凄まじい。

 

2008.01.03(木)23日目:メキシコ国立自治大学、ラテンアメリカタワー観光 頑張って禁煙目指す

09:00 コーラ(10ペソ)を飲む。
09:30 マクドナルドで朝マック(36ペソ)

マクドナルド店内、本当に不味かったマルボロライト



11:30 メトロのチケットを5枚買い足し(10ペソ)
 ガム(8ペソ)を買いレオントロツキー博物館(15ペソ、30ペソからメキシコ学生証での学割)を訪問する。
 レオントロツキーに興味はそれほど無いので、学生証が無ければ訪れていないだろう。

レオントロツキー博物館

上段、中段左:フリーダ・カーロ美術館


13:00 メトロでメキシコ国立自治大学へ
 ここは「メキシコ国立自治大学の中央大学都市キャンパス」として、2007年に世界遺産に登録されたばかりだ。

 途中目にした屋台のピーナッツ(5ペソ)やお菓子(5ペソ)が気になり購入。

メキシコ国立自治大学

大学中央図書館、世界最大の壁画。中段右:シケイロス作「民衆から大学へ、大学から民衆へ」

当時の記事は「世界最大の男(メキシコ・シティー:メキシコ)

 トニックを3本(4.9×3ペソ)、ドーナッツを2個(3.3×2ペソ)を購入。

15:40-16:10 メトロで戻る。

16:20-17:20 ネット(10ペソ)で時間を潰し夕方を待つ。
 ガム(4.5ペソ)は禁煙のため購入。

17:40-19:20 ラテンアメリカ・タワー
 このビルは高さ166m(尖塔部分は182m)、44階建
 全景好きな私には、メキシコシティ最大の見所だ。
 この時間に併せての訪問は夕日から夜景が見たいからに他ならない。

 50ペソを支払い入場する。

ラテンアメリカ・タワー
 

 夕陽は残念ながら厚い雲に隠れる形となったがそのまま夜景を堪能する。

夜景


 夜景を堪能。

19:40 夕食はマクドナルド(32ペソのセットとサイドメニュー17ペソ)
21:00 ビール(10ペソ)を買い戻る。

 今日の出費は計233.8ペソ(2600円)
 夕陽こそ逃したが、世界遺産の大学にラテンアメリカ・タワーと充実した一日だった。

2008.01.04(金)24日目:ルイス・バラガン邸と仕事場

10:00-11:00 メトロ たばこ1本貰い禁煙は早々に挫折、誰にも負けない意志の弱さを見せつける。

11:00-12:00 Kさん、AGさんと連れ立って予約していたルイス・バラガン邸と仕事場へ(50ペソ、学割。通常100ペソ)
 ここは20世紀メキシコを代表する建築家の一人であるルイス・バラガンが、後半生を過ごした自宅兼仕事場で、2004年にユネスコの世界遺産に登録された場所だ。
 中の写真が不可だったのと、前回前を通った時に写真を撮っていたので、訪問日に記録を残さないという痛恨のミスを犯す。

 仕切り直して禁煙とばかりにガム(8ペソ)を買う。
 昼食はピザ(ドミノでミニ、14ペソ)

13:00-13:30 メキシコの学生証を作ったオフィスに行き、国際学生証を無くしたと言い作ってもらう。
 85ペソは安くないが、記念に欲しくなったのだ。

14:00-14:30 グアダルーペ寺院を訪れる

グアダルーペ寺院、新聖堂と旧聖堂が向かいあって建つ。下段左:新聖堂内、右:旧聖堂内

グアダルーペ寺院裏のテペヤックの丘


14:40 チケットを3枚(6ペソ)買い足し、コーラ(500mlペット)8ペソを購入。
 メトロで移動する。

メトロ駅


15:15 トラテロルコで降り、三文化広場
 ここは、アステカ時代のトラテロルコ遺跡の上に、 植民地時代のサンティアゴ教会がたち、そのまわりを高層の団地や外務省のビルが取り囲んでいるため「三文化」と名づけられた場所だ。

中段右が遺跡に教会


15:40 ついでなのでブエナビスタ駅を見てから戻る。

中段:ブエナビスタ駅


17:00-18:00 ネット(10ペソ)
18:00 夕食はチキン1/4+コーラで30ペソ
19:30 メトロでアレナメヒコ(ルチャ・リブレの一番大きな会場)へ行き、一番安い席(45ペソ)で観戦。
 雷神さんの他にヤマトさん、カイさんの3人の日本人がヒール(悪役)で、善玉のメキシコ人レスラーに倒されたのは残念だが同宿のみんなでワイワイ観戦するのは楽しかった。
23:00 メトロで戻る。
 サンドイッチ(10ペソ)にコーラ(10ペソ)を購入。
 煙草を1ペソで1本分けてもらう。私はこの先本当に禁煙するのだろうか?

 今日の出費は279ペソ(3100円)
 ルイス・バラガン邸の写真こそ撮り逃したが、観光&ルチャリブレで楽しい一日だった。

2008.01.05(土)25日目

13:00-15:00 ネット(10×2ペソ)にまたしても煙草(1ペソ)を分けてもらう。
 食事はサンドイッチ(10ペソ)にドーナツ(7ペソ)、ラーメン(2ペソ)、さらに煙草(1.5ペソ)
19:00 夕食はケンタッキー(セット、50ペソ)。
 ヨーグルト(10ペソ)とドーナツ(7ペソ)を買い戻る。
21:00 ビールにつまみ(20ペソ)さらにビール(8.5ペソ)を買い増しし、飲んだので煙草(1.5ペソ)も小分けして売ってもらう。

左:雷神さん、右:赤い服がゴッド


 今日の出費は138.5ペソ(1550円)
  だらけた一日だが悪くも無い。

2008.01.06(日) 26日目:ルチャリブレ

09:30 朝はマクドナルドマック(エッグマックマフィンセット、31ペソ)
 ソーセージエッグマフィンが無かったのが朝マック好きには哀しい。

朝マック


 ヨーグルト(10ペソ)にドーナツ(7ペソ)を買い戻り、煙草(1.5ペソ)をまた同宿の旅人から小分けで譲ってもらう。
 明日出発予定なので宿泊費を生産。
 9泊分、1日目70ペソ、2日目から60ペソで計550ペソを支払う。

13:30-16:30 ネット(30ペソ)。途中でコーラ(6ペソ)にチョコ(7ペソ)を購入。
 夕食はチキン1/4セット(21+5ペソ)

18:00 メトロ+バス(4.5ペソ)でアレナ・ナウカルパンへ
 110ペソの席を買いルチャ・リブレ幹線。
 雷神さん、ヤマトさん、カイさんの3人組が今度は勝利。
 前回のリベンジを果たす。

アレナ・ナウカルパン 

22:00 バス(4.5ペソ)+メトロで戻る。
 タバコ(1.5×2ペソ)、ドーナツ(7ペソ)、ビール(9ペソ)、ヨーグルト(10ペソ)でメキシコシティ最後の夜を過ごす

 今日の出費は826.5ペソ(9100円)
 まだここで過ごしたいけど、先に進まなければならない。


2008.01.07(月)27日目:出発

09:00 朝マック(35ペソ)、頼んだのと違うのが来たのは何故だろう?
 タバコ(1.5ペソ)をAGさんから譲ってもらう。
10:30 チェックアウト、メトロ(2ペソ)で移動。
11:30 東バスターミナルへ
11:40-13:30 ADO GL(バス会社)の1等席(104ペソ)でプエブラへ向け出発。

東バスターミナル



 名残惜しかったが、年末年始と1週間以上過ごしたメキシコシティを後にした。

  • What’s new?(2023.01.24)

    「G見聞録」「欧米見聞録」「中米編」に新記事
    2023.01.24
    一瞥の首都(ベルモパン・ベリーズ)New!
    2023.01.18
    B級都市(ベリーズシティ・ベリーズ)New!
    2023.01.13
    メキシコ出国(カンクン:メキシコ)New!
    をアップ

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ