スリランカ

アヌラーダプラ→ダンブッラ(⇔シーギリヤ)→ポロンナルワ

基礎データ(2019外務省HPより抜粋し一部加筆)
1.面積:6万5,607平方キロメートル(北海道の約0.8倍)
2.人口:約2,103万人(2016年)
3.首都:スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ
4.民族:シンハラ人(74.9%),タミル人(15.3%),スリランカ・ムーア人(9.3%)(一部地域を除く値)
5.言語:公用語(シンハラ語,タミル語),連結語(英語)
6.宗教:仏教徒(70.1%),ヒンドゥ教徒(12.6%),イスラム教徒(9.7%),キリスト教徒(7.6%)(一部地域を除く値)
7.通貨:スリランカルピー 1Rs=100Cts(センツ) 100Rs≒110JPYで計算(2007年旅行時のレート)

※ブログの日付は旅行当時に合わせてますが、帰国後10年以上経てから記事を書いているので実際のアップ日は2019.02.24です。

2007.04.08(日)

 06:00時、雰囲気の良かったホテル・シャリニを出てバス停へ
 次の目的地であるダンブッラ行のバスは、ここから倍以上の距離があるキャンディー行のバスの途中下車になるのは良いとして、料金がキャンディーに行くのと変わらず180Rs(約200円)になるのが何とも承服しかねるところではあったが、これがこの国のバスのシステムだとしたら私に選択肢はない。
 折角ホテルで微妙にポイントアップしていたスリランカの印象が、また悪い方に振れていく。

インターシティー(都市間)バス


 06:30時に出発したバスは1時間10分後の07:40時、ダンブッラに到着。
 文化三角地帯の一角でもあるこの町にも世界遺産の見所があったが、時間が早いので郊外にあるもう一つの世界遺産からまず攻めることにした。
 ここに戻ってくるので荷物をどうするかを思案するとコーラを買った売店のお兄さんが「預かってやるよ!」と言ってくれる。
 特に料金もいらないというサービスの良さだ。
 また戻ってきたらここで何か買おうと決め、彼の好意に喜んで甘えることにした。

 次の目的地シーギリヤ行のバスは08:00時に出発。
 繋ぎとしては文句のない効率の良さで、スリランカがほんの少し好きになった・・・ 

ダンブッラのバス停。荷物を預かってくれたお兄さん


 シーギリヤには08:40時に到着。

 世界遺産・古都シーギリヤ

 ジャングルの中に忽然と姿を現す空に向かって殆ど垂直に切り立つシーギリヤ・ロック。
 この奇岩の頂上に宮殿があるという。

シーギリヤ・ロック


 これは父を殺し王位についた若い王子が弟の復讐を恐れて、容易辿り着けないこの場所に築いたということらしい。

 『よくもまああんなところに・・・』

 こんな所に宮殿を建てるなんてさながら狂気の為せる業というべきなのだろうか?

 今まで見た事も無い物が見られるかもしれない。
 否が上にも期待は高まる。

シーギリヤ


 チケット代はの周遊券に込みなので、それを見せて早速中に入る。

シーギリヤ


 急峻な岩山に細い通路があり、柵が設けられている。
 
上段左:石窟寺院、最下段左はフレスコ画のあるミラーウォール

有名な美女のフレスコ画、日本人も多く訪れるようでフラッシュだめと書かれている。



 柵のお蔭で危険はそれほど感じないが、当時建築に携わった人たちはどうだったのだろうか?
 道中の見事な眺望から、それが常に死を伴う危険な作業であった事は容易に推察できるだろう。

道中の景色

上段右:エレファントロック。最下段:ライオンの入口


順路が比較的整備されていた所為か?30分程度で岩頂に到着。

頂上への道と頂上からの景色。最下段が王宮跡


 ここまでの道中、そしてここからの景色
 完全にこのプロフェッショナルのツボだった・・・

頂上からの眺望

王のプール


頂上からの眺めと下るところ




 満足の行くまで岩頂を楽しんでからライオンの入口まで戻る。
 
中段左二つはコブラの岩



 ここを築いた王子は、結局弟との権力闘争に負け自害した為、この都は僅か数年で仏教僧に寄進され放棄されることとなる。
 ほんの一瞬だけの古都、それがシーギリヤだった。
 
 下に降りたのは11:30時頃。
 約3時間観光した計算だ。
 またバスに乗り、ダンブッラへ戻ることにした。

ダンブッラ行のバス


 ダンブッラには12時に着。
 さっき荷物を預かってくれた売店でコーラを買って、今度はダンブッラの世界遺産、石窟寺院を見学に行く。

石窟寺院

上段の遠くに見える岩山がシーギリヤ・ロック

石窟寺院の入口。中段右と下段は第1窟デーワ・ラージャ・ヴィハーラ

第2窟、マハー・ラージャ・ヴィハーラ

第三窟 マハー・アルト・ヴィハーラ

第4窟 パッツィーマ・ヴィハーラ

中段右:デワナ・アルト・ヴィハーラ

ここも高台にあるので景色は良い


お猿さんをちょこちょこ見かけた


 ここは眺望も良く、見物としてはかなり良かったが、如何せん余りにも良すぎたシーギリヤの後だっただけに、そこまでテンションは上がらなかった。

後にした黄金寺院とダンブッラ市街


 13:30時、バス停に戻り売店でまたコーラを買ってお礼を言って荷物をピックアップ。
 
 そして14:20時にバスは出発。

乗ったバスは上段右


 満足したシーギリヤとダンブッラ、2つの世界遺産を一気に狙撃し終えて向かうのは文化三角地帯の最後の都市であるポロンナルワ。
 私はまだまだ旅を急いでいた・・・

 

  • What’s new?(2019.08.14)

    「謎の日常・4th4th_北米カリブ海編」に
    2019.08.14
    181ヶ国目はジャマイカ(ワシントンD.C./USA→キングストン/ジャマイカ)New!
    2019.07.29
    ミュージアム・ミュージアム(ワシントンD.C./USA)New!
    2019.07.23
    プラス・アルファ(ワシントンD.C./USA)New!
    をアップ

    見聞録シリーズの更新は帰国して次の旅行記事が終わってからなので当分先になる予定です

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ