ロシア

経路図



2006.09.21(木)

 全ロシア展覧会場を後にして次に向かったのはコローメンスコエだ。

 ここのヴォズネセニエ教会は世界遺産にも登録されている。場所もモスクワ市内、クレムリンの南に位置するのでついでに訪れられるというメリットもある。
 ただ既に18:30頃になってしまっているのでこの教会に入れるかどうかは心許無い。

 早速着いて敷地内に入り教会を目指す。

通路状の土産物屋にコローメンスコエの入口、緑の屋根は”満腹の館”、中左はカザン聖母教会で網に覆われているのがお目当ての教会・・・




 残念ながら白い石で16世紀に造られたヴォズネセニエ教会は現在修復中で中に入れなかったがまあここに到達した事だけでも良いだろう。



コローメンスコエからの景色




 丘から眺める景色は旧ソビエト時代のアパート群が遠目に見える物だった。それも悪くは無い。

 そして独特の彩りを見せた夕暮れがヴォズネセニエ教会に訪れられなかった私を慰めてくれた。


スィートヌィ・ドヴォール




 そしてまたメトロに乗って市中へと戻る。


夜景



 セルギエフ・パッサート、全ロシア展覧会場そしてコローメンスコエと見て最後の締めはモスクワ中心部の夜景にするつもりだ。

モスクワ川沿いに・・・上の右はクレムリン、下の奥は救世主キリスト聖堂


上:クレムリンに聖ワシリー聖堂、中:スターリンクラッシック様式の芸術家アパート、下:赤の広場


聖ワシリー特集?下の右はクレムリン


上:レーニン廟に元老院、中:国立歴史博物館、下:クレムリンと聖ワシリー教会


上左:カザン聖母聖堂、上右:ヴァスクレセンスキー門、中左:国立歴史博物館、下:マネージ広場


劇場通りに旧KGB本部




 何気なく散策する間に眺めたモスクワの夜景は想像通りに美しい物だった・・・


 大きな見所を4つ駆け抜けた慌ただしい一日。

 今日の見物には満足しているが見ていない物はまだまだある。

 このプロフェッショナルをもってしてもモスクワは巨大だった・・・

  • What’s new?(2018.04.19)

    旅行休止期間中につき、しばらくは過去のまとめでお茶を濁しながら記事のアップを続けます

    「東欧見聞録」に新記事
    2018.04.19
    総本山と曲がり角(エステルゴム/ヴィシェグラード:ハンガリー)New!
    2018.04.10
    シルクロードを伝わって・・・(ホーロッケ―:ハンガリー)New!

    今年の旅に向けて動き出します
    「謎の日常」に新記事
    2018.04.12
    フォースミッション・サードストーリー準備開始!(千葉:日本)New!

    Facebookはこちら
    東城 皇司
    インスタグラムはこちら
    GOLCO31
  • Categories

    open all | close all
  • ETC・・・


  • リンク用バナー
    このページはリンクフリーです。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    人気ブログランキングへ